2010年06月09日

風になったラルフ

Wind Houndという表現があることを知りました。サイトハウンド系の犬達を表しているようですが、風のように軽やかに駆ける姿を彷彿させる素敵な言葉ですね。
一ヶ月ほど前、ラルフとーちゃんが連れて遊びに来てくれたサルーキのラルフは、この呼び方が似合う可憐な犬でした。

そのラルフが風になってしまったそうです。
1歳3ヶ月を目前にした突然死...

Ralph_a.jpg

ちょっと気難しいと感じていたサイトハウンドのイメージを見事に覆してくれた、とってもフレンドリーな犬でした。
その性格は、持って生まれた個性もあったかもしれませんが、ラルフとーちゃんさん、ラルフかーちゃんさんがたっぷり愛情を注ぎ、いろんな人や犬に会わせる努力をされた結果培われた、人間への信頼感がベースになっていたように思います。

Ralph_b.jpg

食事はきちんと考えられた手作りの生食中心。毎日職場に連れて行ってもらい、しょっちゅうサイト仲間と思いっきり走りあう機会も与えられたラルフ。理想的な飼い方を実践するすばらしい飼い主に巡り会えた本当に幸せな犬だったと思います。

Ralph_c.jpg

私がファルコに対して後ろめたさを感じざるを得ないほど、ありったけの愛を受けて、彼は普通の犬達の何倍ものスピードで命を楽しんで、風のように駆け抜けて行ったのでしょう。

前の記事でも紹介した写真をもう一度掲載させていただきますね。
ファルコに合わせて彼としてはゆっくり走ってくれた、お気に入りの一枚。

RalphWithFalkor.jpg

たった二日間だったけど、君に会えてよかった。
ありがとう、ラルフ。
posted by Tosh at 03:40| Comment(2) | 雑記帳