2014年07月01日

JWWA練習会2014-1

日曜日(6/29)に琵琶湖で今年最初のウォーターワーク(WW)の練習会がありました。あ、ハンドラはカミさんで私は付き添いですけど。
ペニー同伴だとファルの気が散るんじゃないかとの配慮と、写真撮影を頼まれていた私もあまり構ってやれないだろうとの考えで、ペニーは久しぶりに独りぼっちのお留守番でした。

140629a.jpg
陸上トレーニングを終えて、水辺での"馴らし"中の皆さん。
今回は、レクチャーを受ける三家族に対して教えてくださる方が三名という贅沢なシチュエーションだったんですよ!

140629b.jpg
久しぶりのWWトレーニングに、ファルのダメダメぶりが炸裂ふらふら
最近カミさんは家の中でウォーターダミーをちゃんと渡す練習をしていたのですが... この通り。基本の"き"のはずですが、去年からきちんとできない苦手種目なんですよね。とほほ。

140629c.jpg
なによりも驚いたのは、大好きな水に入ることさえ嫌がる素振りを見せたことでした。
"単に遊びたいのに、なんかアレコレさせられる感が気に食わない"とでも言いたそうな雰囲気でした。

140629d.jpg
昨シーズンより劣化していて"どうなることか"と見守っていたのですが、徐々に抵抗感も薄れて(去年の練習を思い出して?)きたようです。

140629e.jpg
得意?の"テーク・ア・ボート・イン・トゥー"から変化が見えてきました。

140629f.jpg
去年は何度やっても、岸で自分の足が着いたらロープを口から離してしまっていたのですが、今回はうまくおだてられてわーい(嬉しい顔)、"もっと!"の意味を理解したかのように陸に上がっても引っ張るシーンも見られたのです手(チョキ)

午後からは少し小雨にも降られたのですが、久しぶりの琵琶湖は楽しくて、ファルにとっても得るところが多い練習会だったように思います。

140629g.jpg
海辺で昼寝をするトドかアザラシの群れわーい(嬉しい顔)のような待機中のワンズです。

140629h.jpg
午後からの模擬競技も一通り終わって、自主練習中の写真も少し。
陸の上までロープで引っ張り上げることを教えてくださっているシーンです。なるほど、こうやって教えるのか!と感心しました。

140629i.jpg
アンダーウォーター・レトリービング(水の中に落ちたボールの回収)も指導してくださいました。
ファルはできない種目だろうと勝手に思い込んでいたのですが、ちゃんと手順を踏めば覚えていくものですね! さすがです。

140629j.jpg
オマケ: トンビが私たちの近くの水際に一瞬舞い降りてすぐに飛び立ったところを撮影したものです。ちゃんと脚で小魚を捕まえてたんですね!


さて、ペニーのことに触れないのもかわいそうなので、昨日(6/30)の朝に撮った写真も少しだけ載せておきますね。

140630a.jpg
ほぼ二週間ぶりに私も一緒に散歩に出かけました。
やっと満開のアジサイとの写真も撮ることができたというわけです。

140630b.jpg
posted by Tosh at 23:52| Comment(2) | ワンズ日記

2014年07月06日

ペニーとお留守番

今日、カミさんとファルは WWの練習に琵琶湖へ出かけていました。
私はペニーとお留守番です。

140706a.jpg
午後からは雨になったファルペン地方ですが、降る少し前に家の中とテラスで撮った写真があるので、軽〜い記録にしておきますね。

140706b.jpg
ペニーがファルや私たち夫婦に"押し売り"するオモチャの一つ。
もっとも、中の赤いのをうまく取り出して、それだけを押し付けてくることが多いんですけどね。

140706c.jpg
少し落ち着いてきたように思うので、そろそろ基本的なトレーニングを始めようかと思っているところです。# 実はまだヒールもできないんですたらーっ(汗)
オモチャにして変なクセが付いちゃうのを嫌って、今までは GRTのダミーには触れさせなかったのですが、ぼちぼち解禁かな?

後は、テラスで撮った色んな表情の写真でお茶を濁しておきますね。
マニュアルフォーカスの望遠系レンズで撮影しているので、ある程度はステイができるようになった証拠写真でもあるんですよ!

140706d.jpg
何か見つけた時の楽しそうな(期待する)顔。

140706e.jpg
ずっと待たされてて、つまんなくなったとブーたれる仕草。

140706f.jpg
マジメに何かを見つめている時の横顔も。

140706g.jpg
ちょっと物憂げな表情? # 舌が出てるのはご愛嬌わーい(嬉しい顔)

140706h.jpg
で、最後は大あくび。
じっとしているのは未だ苦手だもんねぇ...ふらふら


ファルの写真はないので、先週の残り物を少し。

140629k.jpg

今日も少しは上達したかなぁ?

140629l.jpg
posted by Tosh at 23:30| Comment(0) | ワンズ日記

2014年07月23日

清流を求めて-6

梅雨が明けましたね。
更新間隔も空けちゃったのですが、夏らしいシリーズものの記事で再開することにしましょう。

連休の最終日(21日)、久しぶりに新しい清流を探して出かけてきました。
もっと遠くで行ってみたい川はいろいろあるのですが、今回選んだのは比較的近場の揖保川水系です。

昨年くらいから、夏休みの頃になると川の名前で検索してこのブログに来てくださる方が多いのですが、揖保川もそういったキーワードの一つでした。が、私自身は行ったことがなかったのです。

140721a.jpg
適当な場所を選んで駐車して川に降ります。
水はとっても澄んでいました。

140721b.jpg
あまり大きな淵はないので距離を泳がせることはできませんでしたが、適度に浅瀬もあったので変化を楽しめたように思います。

140721c.jpg
それほど深くない場所ではガラスのような水の色。

140721d.jpg
少し深くなるとエメラルドグリーンになります。
ペニーにとっては初めての清流ですね。

140721e.jpg
追い剥ぎが出るたらーっ(汗)もので、ファルもゆっくり泳がそうと二頭別々にオモチャを投げてやるのですが、上の写真のようにそれぞれの獲物を銜えて泳ぐシーンというのはほとんど見られませんでした。

140721f.jpg
ファルにオモチャを投げてやると、ペニーは自分のを放り出してでもそれを奪いに行くものですから...ふらふら

140721g.jpg
オモチャの変わりに枝を投げてやっても同じ。

140721h.jpg
ファルはペニーがやってくるとあっさり渡してしまうことが多いのですが、稀に気に入ったものだとこんな風にシシャモ状態になっていましたわーい(嬉しい顔)

140721i.jpg
そうそう、木の枝というと面白いシーンもありました。
これは、沈んでいる棒を取りたいファルが、前脚で少しずつ搔き出そうとしているところです。

琵琶湖でアンダーウォーター・レトリービングを少し教えていただいたので、沈む木を浅い所に置いて、うまく銜え取るかと見ていたのですが、あまり深くは顔を浸けられないようです。
最後に載せておく動画にも出てきますが、顔も少しは水に入れるのですが、見えているのに取れないのがもどかしかったようです。

ビデオでは(より浅い部分でしたが)ペニーが銜え取っているシーンが写っています。
恐いもの知らずのペニーなのですぐに潜水犬も目指せるかというと... 実はそうでもないのかもしれません。

140721j.jpg
実は途中でペニーが泳がなくなって鵜飼いに徹する時間帯がありました。
その直前に、ファルから追い剥ぎする際に変な立ち泳ぎから(一瞬ですが)ズブッと沈んだことがあったので、ファル兄ちゃんから奪い取ろうとするとイヤなことが起こると考えたようでした。
なので、ファルを水に入れず、ペニーだけ泳がせてみたらまたスイスイ(というかバチャバチャ)泳ぐようになったんですけどね。

140721k.jpg
終始ご機嫌さんだったファルの単独写真も一枚。

140721l.jpg
今年もウチの辺りは梅雨の降水量が少なく、近場の水質や水量は期待できそうにないので、また来ることになるかもね。> ファルペン

撮影した順に並べただけの備忘録的ビデオですが... 置いておきますね。

posted by Tosh at 22:25| Comment(2) | ワンズ日記

2014年07月26日

熱い日々

今週は暑くなりましたね!
職場のある大阪では、天神祭が始まる頃には痛いような陽射しが降り注ぎ、夏本番を感じさせます。今年(天神祭は昨日まで)も例外ではありませんでした。

140726a.jpg
近所でもアジサイが色褪せて、夏の花に取って代わられつつあります。

140726b.jpg
今ウチの庭で目立っているのは、ムクゲとブッドレアです。

140719a.jpg
夏本番になる直前の一週間前のことをチョットだけ。(写真は19日朝のもの)

先週末の土曜日と日曜日、神戸で開かれた"第3回神戸アニマルケア国際会議"(ICAC KOBE 2014)に参加させていただきました。

シンポジウムIIシンポジウムIVシンポジウムIXを聴講させていただいたのですが、いずれも興味深い内容で、いろんなことを考える材料をいただけました。
特にシンポジウムIVでは、家庭動物(犬、猫)と人の真の共生の在り方について、獣医師や行政の方などの熱い想いも聞くことができ、大いに勇気付けられるとともに、自分自身も何か動き出さなきゃとお尻を蹴っ飛ばされた気がします。

ICAC KOBEは来年も同じ時期に第4回が開催されるそうです。
興味を持たれた方は、ぜひ参加してみてください。

140721m.jpg
ワンズの写真が少ないので、海の日(21日)の写真を追加で少し。

140721n.jpg
明日はどこへ泳ぎに行こうかなぁ...

140726c.jpg
オマケ: 今日は麓の街の花火大会でした。

140726d.jpg
6Km以上も離れた所で打ち上がっているので、肉眼ではホントに小さくしか見えないし、音は20秒ほども遅れて届くんですケドね...

つい最近まで一日花だと(その割には花が落ちていないと疑問にも)思っていたムクゲをタイムラプス(レコロ IR7を使用)で撮ってみました。
15分が1秒に短縮されているの(今日の午前4時から午後8時までの16時間で1分あまり)ですが、風が吹くとちょっと見苦しいですね...

posted by Tosh at 23:59| Comment(2) | 雑記帳

2014年07月31日

クリスタルな淵で

27日の日曜日、また川遊びに出かけてきました。
どこへ行こうか少し迷ったのですが、結局前週と同じ川に直行。
きれいな水が楽しめることがわかっているものですから...

140727a.jpg
前回は上流側を探索したのですが、今回は下流側に良いポイントを発見。

140727b.jpg
そんなに広いものじゃありませんが、小さな滝の下が深いプールのようになっています。透明度が高いので、揺れる水面を通して川底まで見通せました。

140727c.jpg
水温は低めなので、自分も泳ぐ気まんまんだったカミさんは、ウェットスーツに着替えることにしました。

140727d.jpg
私は"見学"だったのですが、ちょっと羨ましかったなぁ...もうやだ〜(悲しい顔)

140727e.jpg
木洩れ陽の中で、水はいろんな表情を見せてくれました。
光が当たっているところではガラスのように輝き、

140727f.jpg
日陰ではグリーンが強くなります。

今回もコンデジのオートで撮っていたのですが、コントラストが大き過ぎたのか、良い写真は多くありませんでした。ちょっとガッカリバッド(下向き矢印)
むしろ、最後に載せておく動画の方が、水の透明感などがよく写っている気がします。ご覧あれ。

140727g.jpg
ファルペンは、もちろん今回もおおはしゃぎでした。

ペニーの"追い剥ぎ"がエスカレートして、ファルの背中に前肢をかけてまで強奪しようとするもので、さすがのファルも水の上で唸ることもちっ(怒った顔)
"オモチャは全部私のモノ!"な欲張り娘だしねぇ...ふらふら

140727h.jpg
カワウソ君のアップも一枚。

140727i.jpg
時々は "泳ぎがうまくなった?"と感じさせたカワウソちゃんも。

140727j.jpg
一時間半ほど遊んで、ぼちぼち帰ろうかと思っているところに、12歳になるボニート君がやってきました。ファルのことが気に入ったみたいで、ずっと付いて歩いてくれてたんですよ。

動画も置いておきますね。
ペニーにもウォーターワークの練習を試しているシーンも写っています。

posted by Tosh at 23:59| Comment(6) | ワンズ日記