2010年02月01日

Turn around... ♪

Canine Freestyleに興味を持った私は、Mary Rayさんの本をポチッとし、Attila SzkukalekさんのDVDをイギリスから取り寄せました。
# モノから入るタイプなもので...ふらふら
しかし、何度見てもアティラさんの Chaplinは楽しいですねぇ。↓

※ ↑に空白が表示される場合はAdobe Flash Playerのアドオンが必要。or CLICK !

まだファルコは基本的なしつけもできていない状態でしたから、すぐにいろんなムーブを教えようなどいう無謀なことは考えません(正確には、したくてもできませんふらふら)でした。"なるほど〜"と眺めて楽しんでいただけ。そして、実際に生で見てみたいと強く思うようになるのに時間はかかりませんでした。

フリースタイルのオープンクラスが開かれているのは知っていたのですが、見学に伺うのにも気がかりな問題があります。2009年春頃のファルは外に連れ出すと好奇心のかたまり。どんな人であろうと"遊んでよ!"と寄っていきたがるのはもちろん、キャンキャンと吠えている犬だろうが、毛を逆立てて"フゥー"と威嚇している猫だろうが、シッポをブンブン振りながらリードを引っ張っていたのです。
お世話になっていたトレーナーさんでは個人レッスンが多かったので、一度にたくさんの犬達に会ったことはありません。が、そういうシチュエーションに置かれたらファルがどんなに興奮するかは容易に想像ができました。

0906b.jpg
我慢しているうちに、花の美しい6月になりました。少し落ち着きの出てきた(と希望的観測を持っていた)月齢10ヶ月になるファルコを連れて、オープンクラスの見学に出かけていったのは 6/21のことです。

家の中でのヒールは大丈夫かな?(散歩中はまだまだだけど...)というようなレベルでしたから、レッスンを受けようという気持ちはありませんでした。
そんな状態にもかかわらず、ファルと踊れるようになった暁にはこの曲を使おうというのは決まっていたのです。FALKORの名前をいただいた The Never Ending Storyのテーマ。恥を承知で更にいうと、ルーチンの最初は、歌詞に合わせて"振り返って、お互いに見つめ合う"にしようとも計画していたのです。
"妄想オヤジここに極まれり"って感じですよね。ふらふら

... 長くなりそうなので、その顛末は次回に。

0906c.jpg
その時期のファルコです。体重は31Kgを越えました。
posted by Tosh at 01:08| Comment(0) | ファルコの成長記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。