2010年05月13日

ラブの上下意識

以前も書きましたが、実家には私が幼い頃からずっと犬がいました。一頭だけの時期もありますが、二頭飼いだった時間もそこそこ長かったと思います。全て日本犬か、日本犬ベースのMIXで外飼いでしたから、いわゆる洋犬をしかも完全に室内で飼うというのはファルコが初めてです。

それなりに犬というのがどういう動物であるか知っているつもりになっていたのですが、ファルコと暮らしてみると、自分のこれまでの認識が間違っていた(あるいは一部の犬種には当てはまらない)んじゃないかと気付かされることがあります。
その最たるものは、上下意識とか順位付けといわれる習性について。ファルコは(犬同士でも)順位付けの観念が欠落しているんじゃ(控えめに言って非常に希薄なんじゃ)ないかと思えて仕方がないのです。また、テリトリー意識、物や場所に関する執着心もほとんど持っていないように思えます。
# 実際にはそういった性質はあるものの、それが表面に出ないで成長してきたということかもしれませんが。

実家にいた犬達は、気性の優しい子も気難しい子も、家人の中で最も言うことをよく聞くべき人間を決めているフシがありましたし、散歩で出会う他の犬との間で力関係を探る素振りを見せることも多かったと思います。
ですが、ファルコは基本的にどんな犬(体格の大小や年齢を問わず)に対しても一様にフレンドリーです。ほとんどの場合(キャンキャン吠えられるのは嫌なようで、一部の小型犬は苦手みたいですが)、敵意はないというシグナルを出しつつ近づいていってプレイバウ体制になります。
犬同士はまず相手のお尻の臭いを嗅いで、相手の年齢や素性に関する情報を集め、力関係を見極めようとするといったことが良く言われるようですが、ファルコはそういった犬社会の常識?にも無頓着なので、一部の飼い主さんからは、困った犬だと思われているかもしれませんが...ふらふら
一歳になった頃から、吠えること自体はたまにあるのですが、その対象は不審な物影や特定の物音に対してのみで、人や犬、更には猫やイノシシに至るまで、直接対峙した相手に吠えたことは一度もありませんし、唸るとか歯を剥き出すといった行動はそぶりさえ見せたことがありません。初めての場所で知らない犬に囲まれて、(警戒で)シッポを立てぎみにしていたことはありますが、相手を威嚇したり、順位付けのマウンティングなども皆無です。

ファルはトシエワールドというおだやかな気質を重視するガイド系ラブのブリーダーさんから、おとなしい個体を選んで譲っていただいた子なので少し特殊なのかもしれませんが、今までに知り合った他のラブラドール達も、同じような行動パターンを見せる子達がほとんどでした。外飼いになっているラブにはよく吠える子の割合が高そうですが、一緒に遊ばせてみると、"俺が俺が"っていう権勢欲のある子は少ないと感じています。
素人が限られた経験で判断するのは乱暴ですが、ラブラドールって犬種は順位付けの意識が希薄な個体が多いのではないか、それがこの犬種の良き気質に結びついているんじゃないかという気がするのですが、どうなんでしょうかね?
もちろん個体差はあるでしょうし、去勢していないオスのことはあまり知らないのですが...

以前、実家で飼っていた北海道犬のリュウは、順位付け意識の強い犬で問題行動(アルファシンドロームだと当時は思っていました)も起こしました。(今思うと無意味だったのかもしれませんが)マズルコントロールをやってみたり、私が完全に主導権を握っているんだという厳しい態度も取る(むろん体罰をおこなったわけではありません)ことで、私を最も信頼できる相手(=リーダー?)として認めてくれたような気はしています。

現在では、自然の中の狼の群れにはアルファは存在しないといった観察もあり、いわゆるアルファシンドロームという現象も否定されたりしているようですが、多くの犬同士に何らかの順位付け本能があること自体は事実なのかなと思います。
実のところ、飼い主が "群れのリーダー"となりえるか(なる必要があるか)どうかは私には不明ですが、上下意識を強く持つ犬種や個体では、家庭という集団の中でもポジションを明確にしてやることによって、結果的にその犬が安心して平穏な生活ができることはあるのだろうと考えています。

が、ファルコに感じているような元々順位付け意識が希薄な遺伝子を持つ犬に対して、飼い主が完全に上位だと思い込ませようとする対応は、あまり意味はない(ヘタをすると、その犬を混乱させてストレスをかけ、せっかくの良き気質を台無しにする危険性すらある)ように思うのですが、間違ってますかねぇ?

AngelsLadder.jpg
posted by Tosh at 23:40| Comment(4) | 雑記帳
この記事へのコメント
こんばんわん!

うちのラルフも(サイト系にしては)異常なくらいフレンドリーですので、当初は雑種疑惑(笑)もあったくらいです。

1歳前後〜いわゆる ”反抗期” の最中ですが、困ってしまうほどの症状ではありません。


さて、犬の性格についてですが
何百年もかけて、人間にとってそれぞれ好ましい特徴をもった個体の遺伝子を犬種ごとにセレクトしてきた(ブリードしてきた)結果でしょうから、レトリープ専門(人との関わり方も含めて)の犬種が ”より” 人間との距離感が近くフレンドリーな性格(順位付けもそれほど意味を持たない)になっていくのは望まれた結果なのかもしれませんね。(あくまで、僕の勝手な推測ですが)

対して、己の判断で獲物を追い込み、しとめる(狩りを自分で完結させる)タイプの犬種においては、協調性や温和な性格よりも、自己判断能力の高さや(時には)攻撃性が好ましいと判断されてきた経緯もあるでしょう。(ですから、見た目で飼う犬種を選ぶのは危険なのですよね。)

そう考えると どんな犬種をパートナーに選ぶとしても、やはり見た目だけの特徴だけでなく、性格や行動のパターン、ブリーディングの歴史なんかも事前にリサーチしていく事が大事に思えて来ますね。

うちのラルフには(彼の性格に甘えている部分もありますが)結構キビし目の育て方をしています。でも、犬種を問わず一番大切な事は ”いかに犬に好きになってもらうか” ですよね。大好きな ”とーちゃん” の望む事は率先してやってくれるはずですから。。。そう考えると自分はまだまだ ”怒らせると怖いボス” 止まりなんですよねえ(反省)。

長文コメント、失礼いたしました。^^;
Posted by ラルフとーちゃん at 2010年05月14日 23:05
うちのリリィも全く同じでした。
相手がどんな小さい子であろうと大きい子であろうと、若くても歳をとっていても、又人に対してもフレンドリーに遊びたくて、でも勢い良く接近すると特に和犬や小さい子には怖がられるし、かーちゃんからも止められるので”歩伏前進”で”伏せをしたまま接近したり”お座り”の姿勢のまま、お尻歩きでじわじわと近づいたりしてます(笑)
いずれも”私は無害です、こわくないよー!”とアピールしているように思えます。
特に若い頃はどんな子にもすぐに自分からゴローンとおなかを見せて”好きにしてポーズ”をするのでオスの飼い主さんから”リリィちゃん積極的ね”と言われちょっと恥ずかしい思いをよくしていました。
すごく小さいチワワや怖がられたり嫌がられたりしている子にまで自分からおなかを見せてにおいをかいでもらおうとするリリィを見てお前はそんなにまでして仲良くしてもらいたいんかい!プライドはないんかい!と思ったことも・・・
まさにリリィも他の犬に見られるような順位づけといった概念が欠如しているように思えます。というより自分から最下位をアピールしているようにも思えるんですが・・
リリィもとてもおとなしいラブを産出するべく意識して繁殖している訓練所で生まれ、兄弟の中でも一番小さくでおとなしい子でした。また運動音痴で何にも動じないおっとりした性格なのでこうなのかなぁと思って12歳まできてしまったんですが〜
もちろんラブもいろんな子がいると思います。
でも確かにラブは飼い主や環境が変わっても適応しやすい犬であり、他の犬種にはみられにくい特徴や魅力をいろいろ持っていると思います。
それぞれに犬種の魅力は様々あると思うけど、ラブ好きの人がよく言う様に”一回ラブを飼ったら他の犬は飼えない”というのはすごくわかりますよね!
Posted by リリィのかーちゃん at 2010年05月14日 23:14
ラルフとーちゃんさん、
そうなんですよね。犬(種)の性格について、おっしゃる通りのことを私も感じています。

目的毎の使役犬として作られた各ブリードも、今の人間社会の中ではコンパニオンアニマルという共通の飼われ方になってしまうのは事実かもしれません。でも、長い時間をかけて遺伝子に組み込まれた犬種の特性っていうのが失われているわけではありませんものね。
ペットショップのショーケースを眺め歩いて、"あっ、この子かわいい。コーギーっていう犬種なのかぁ"って連れて帰り、後になって"足を噛むんです!"って悩んでもダメですよね。それがその犬種のお仕事だったんですから。

もっとも、犬種や血統の特性以上にそれぞれの子の個体差(遺伝によるものだけじゃなく育ちにも関連して)も相当大きいようですから、この犬種なんだからこうあるべきと思い込んで接するのも問題を生むかもしれないですね。

大事なのは、持って生まれた犬種(と血統)の特性をうまく活かすとともに、個性をしっかり理解して育てることなのかなと思っています。
Posted by ファルコのとーちゃん at 2010年05月15日 09:23
リリィのかーちゃんさん、
リリィがお尻歩きでそろそろと近づく姿を思い出して、おもわず微笑んでしまいました!
ファルも匍匐前進はやりますね。散歩中、リード付き同士の状態だと、相手の子(というよりもその飼い主さんが)警戒するといけないので、向こうから近づいてくれるまでの"伏せ"をしつけています。なかなか近寄ってきてくれない相手には、"ガマンできませ〜ん"って感じで、ずりずりと前進。

そうそう、(特にラブの)女の子はすぐにお腹を見せて"なぜてぇ!"っていう甘え方をする子が多いですよね。オスではあんまり見かけないけど。
あれって、服従を示す態度なのかはよくわからないんですが、少なくとも"構ってもらえるんだったらなんでもやるよ"というフレンドリー犬の"プロ根性"を見たような気になりますね。(笑)

やっぱり私は、威厳をもって誰からも一目置かれるボス犬といった存在よりは、能天気に誰とでも仲良くなれるはずと信じてるようなタイコモチ犬!?の方が好きだなぁ...
やっぱり、ラブラドール菌に侵されちゃってるのかもしれませんね。(爆)
Posted by ファルコのとーちゃん at 2010年05月15日 10:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。