2011年05月02日

トイレ練習は惨敗

ナットを預かり始めた時まで、6時間以上の留守番をファルコにさせる時にはトイレ併設のサークルに入れていました。2歳になった頃から散歩時に用を足すのを好むようにはなったのですが、10時間ほどの留守番ではだいたい 2回おしっこが出るようで、ウンチもしてあることが多かったのです。

ナットにサークルを譲った後は、同じトイレシーツを敷いたトレイを別の場所に置いてあったのですが、10時間の留守番を何度させてもファルは全く排便/排尿をしてくれませんでした。Peeも Pooもしないのはナットも同じで、半月経っても一度もトイレを使っていません。
我が家は 11時間くらいまでの留守番をさせることが多いので、二頭とも我慢し続けずに用を足して欲しいと願っているのですが...

というわけで、みかちゅーさんにもアドバイスをいただいて、今日(5/1)はトイレトレーニング(我慢比べ)に挑戦したのです。

110501a.jpg
トレイとトイレシーツの足裏感覚だけではダメなようなので、ファルがずっと使ってきたトイレと同じシリーズのサークルを購入しました。全く同じものは設置スペースが足りなかったので大きさは半分しかありませんが、何とか記憶を呼び覚ましてくれることを期待したわけです。

いつもは就寝前の 0時頃に庭に出すのですが、昨夜はそれをはしょったので、20時前が最後の用便でした。朝のごはんを遅めに済ませた後、二頭をそれぞれトイレに押し込みます。既に半日以上経っているので、少なくともどちらかはおしっこくらいしてくれると思ったのですが...

110501b.jpg
"なんでこんな仕打ちをされるんだろう!?"と言わんばかりの恨めしそうな眼差しを投げかけてくるだけで、全くその気になってくれません。ふらふら

ファルコは 3ヶ月のパピーでやってきた日にトイレを理解してくれて、(ほんの数回は別の場所で粗相もしましたが)トイレを教えることに苦労はなかったのです。排尿/排便を促すコマンドも教えようとしてきたつもりですが、留守が多いこともあってほとんど理解をしてくれていませんでした。
そういった楽をしてきたツケが回ってきてしまった格好ですね。

おそらく外飼いだったろうと推測されるナットは、私達の望みがわかるはずもなく、我慢の限界が来てくれるのを祈るばかりでした。

110501c.jpg
そのうち 2頭ともトイレ(と飼い主は考えている場所)で寝てしまったので、これは手強いと補助策を求めてネット検索。
利尿作用があるとされるサイプレスのアロマを焚き、動画等も参考にしてにわか仕込みで下腹部のマッサージや圧迫排尿を試みてみるものの全く効果なし。膀胱の場所はおおよそ理解できたものの、力加減がわからないのです。こんなことなら一昨日に獣医さんに行った際に教えてもらうべきだったと悔やんでも後の祭りです。

お昼頃には長期戦を覚悟して二頭をクレートに移動させました。狭いところで眠らせて、寝起きに歩き出すことで排尿を促す作戦です。
"散歩も行ってないし、これは何の罰ゲーム?"と怪訝そうなナット。

110501d.jpg
ファルも届いたばかりの二代目 SofKrateでふてくされています。
初代のは、実はナットを連れ帰る際にビリビリにされちゃったのです。もうやだ〜(悲しい顔)
初めての子を運ぶのにソフトクレートを使うなんて全くもって非常識なわけですが、ファルコという"悪さ"をしない犬と暮らしてきた中で "平和ボケ"していたことを痛感させられた事件でした。


最後のおしっこから 20時間以上経った午後4時過ぎ、二頭をそれぞれのトイレに移しました。"ワンツー"とか"ピーピー"とか、ちゃんと理解してないのだろう声符をかけても、当然のように無反応。しばらくしてから圧迫排尿に再挑戦してみるものの、ほとんど嫌がるそぶりも見せずに困った顔をするだけ...
二頭ともに我慢を続けているせいか動作がゆっくりになっているのが不憫になり、ついに諦めることにしました。夕方の散歩にも行けずじまいだと本物の虐待になってしまいそうに思ったのです。

庭に出してしばらくすると二頭とも大量のおしっこをしました。ウンチもたっぷりと。飼い主の都合で長時間がまんさせてゴメンね。

結局、トイレを覚えてもらう方法は、今回は暗礁に乗り上げてしまった格好です。が、毎日ガマンを続けることは体に良いはずがないので、もう一度計画を立て直して(再度心を鬼にして)挑戦しなくちゃと考えているところです。

110501e.jpg
天気予報どおり夕方には雨は上がっていました。
カミさんは出かけていたので二頭引きで散歩にでかけます。一人で二頭を連れ出す際は写真をあきらめてきたのですが、胸ポケットに治まり片手で操作できるコンデジなら大丈夫かもしれないと初挑戦してみました。

110501f.jpg
池の端で初めて会ったのは 10歳になるラムちゃんです。
ファルコは犬と遊びたがり(とはいってもシグナルを読んでました)、...

110501g.jpg
ナットの方は飼い主さん達に擦り寄っていました。わーい(嬉しい顔)
それぞれの性格がよく表れていたシーンです。

110501h.jpg
ナットにとっては初めてのアスレチックコースにやってきました。
ARKさんから、一ヶ月くらいは急に帰巣本能に目覚めることもあると指導を受けているので、誰もいない山の中の広場でもリードを外して自由に走らせてやれないのが残念でした。
ちなみに、遠くのファルは、小川での水遊びに出張中なんですよ。わーい(嬉しい顔)

飼い主の側はひどい仕打ちをした(のに成果がなかった)一日だったと悔やんでいるのですが、お二人さんはそれほど気にしてない素振りでいてくれるのがせめてもの救いです。

ちょっと暗いネタだったので、一昨日に撮った明るい花の写真も掲載しておきましょう。

110429u.jpg
茶花として知られるムシカリ。ガクアジサイと同様に、周りの大きな花弁状のものは装飾花だそうですね。バックの黄色はユーフォルビアです。

110429v.jpg
ユキヤナギと同属のシジミバナです。小さな八重の花がとても魅力的。

110429w.jpg
ヒペリカムの一種。これもハーブにすれば精神安定作用があるのかなぁ?
ちなみに花言葉には "悲しみは続かない"というのもあるそうです。

110429x.jpg
お気に入りのウァバを銜えて駆けるナット。くよくよせずに前進しようね!
posted by Tosh at 01:47| Comment(6) | ワンズ日記
この記事へのコメント
とーちゃんは優しいですね〜。

もし、もし ですよ。
ボクだったらもう少し引っ張ります。生理現象ですから、我慢の限界を越えれば排泄せざるを得ないはず。
でもまあ、あわてずゆっくりと一緒に歩んで行くのがベストなんでしょうけれど。。。

我が家はスパルタなのか!?(笑)
ラフは僕の事を慕ってくれていますが、同時に恐れている側面もあるかもしれません。チョッと寂しい気もするのですが、人と犬がうまくやっていく上では仕方ない事なのかと思っています。(ラブ系と暮らしてらっしゃる方々からは避難を浴びそうですが。)

トイレの話は置いておいて(置いとけないか!)ナット君がファル家の一員になる日が待ち遠しいですね。幸い、元の家族が見つかったとしても、お互いにとって大きなメリットを生む経験になる事はマチガイありませんよね!
Posted by ラフ父 at 2011年05月02日 22:46
ラフ父さん、
本当に優しいってのは、結果に対して責任を持ち、毅然とした態度を取れることだと思っています。なので私は優しくなんてないと自覚しています。
ナットはかなり慣れて心をゆるしてくれていると思いますが、やはりまだ精神的不安定さを感じることがあります(ウチへ来てからより放浪の時間の方が長いですからねぇ)。まだその状態なのに、どこまで強いストレスをかけて良いものか(散歩等でストレスを発散させなくて良いものか)わからないもので優柔不断な形になってしまっただけなんです。
同じことはファルコに対しても感じていて、私がナットを預からなければ、彼は(それまでの場所の)トイレに何の問題もなかったわけだし、同居人が増えたことで多少のストレスは感じているようだし...という後ろめたさに負けちゃったわけですね。

今はあくまでもナットの本来の飼い主さんが見つかることを待ち望んでいるつもりです。もちろん愛着は感じていますが...
ファルとだけ暮らしていたんじゃ(肝心のファルコのことに関しても)よくわからなかったことに気付かせてくれていますから、既に私は貴重なものを貰っていると思います。飼い主さんの元にお返しすることができたとしても、ナットを預かったことはファルコとの暮らしをきっと豊かにしてくれることでしょう。
Posted by ファルコのとーちゃん at 2011年05月03日 00:11
こんにちは。トイレトレーニングは大変ですね。シェラ(と言います)も苦労しました。彼女はいつでもどこでも出来るタイプで、しかもなんの前兆もなくするので、目が離せませんでした。
シートの上でするとおやつがもらえるってことを徹底して、家の中ではほぼシートの上でしてくれますが、それを逆手に取って、おやつほしさに小出ししてる感もあります(笑)

ファル君とナット君の見つめ合ってる写真かわいい〜ですね。ふたりとも何を思っていたんでしょうか。写真を撮っていると、この時何を考えていたんだろうと振り返ることができて、私にはとても必要なことになっています。ファル父さんの写真のすばらしさにいつも見入っています。

シェラは学校に通うこととなりました。まだまだ授業を受ける状態ではありませんが、ちょっとずつちょっとずつ進んでほしいです。

(遅くなっちゃいましたが)りりぃのかあちゃんさん、こちらこそよろしくお願いします。^^/

(HP欄のアドレスにシェラの日記を書いています。)
Posted by シェラトン at 2011年05月03日 11:12
シェラトンさん、
日記、拝見しました。シェラちゃん、めっちゃカワイイというか美人さんですね!
いろいろ悩みながらも、たっぷりの愛情をかけておられるのがしっかり伝わってきましたよ。
古い方から読んでいったので、F氏のことが出てきた時にはちょっとビックリしましたけど... 巡りあわれた学校がシェラちゃんに合っていて、少しずつより良い関係を築かれますように!
# たくさんのワンズが居るところみたいですが、ひょっとしてTBさん?
記事から推察すると、我が家とカミさんの実家の間にお住まいのようなので、もしかしたらどこかでお会いできるかもしれませんね!
Posted by ファルコのとーちゃん at 2011年05月03日 16:44
こんにちは。
初夏に入り、花々がとてもきれいですね! ハナカイドウ、ゲンペイバイetc.なんとも可憐でかわいいです…ヤブツバキやムシカリも…床の間に生けたいですね。(←すぐそんなふうに思ってしまうんです><)
花を愛でるとーちゃんさんの優しさが感じられる写真の数々・・じっと見入ってしまいます。
難を逃れた花たちも、きっとたくましく育っていくことでしょう。来年がまた楽しみです!
Posted by マーク母 at 2011年05月03日 18:49
マーク母さん、
暦の上ではそろそろ初夏になるんですね。ファルコんち、感覚的にはようやく春真っ盛りなんですけどね。GWに入ってからも薪ストーブを焚こうか相談したり...

たしかに(特に球根の)草花は今年は淋しいのですが、木々の花が明るい気持ちにさせてくれています。
昨日も懲りずにたくさん写真を撮りました。画像は昨夜のうちに準備済みなんですが説明文がまだなもので公開できてませんが。
Posted by ファルコのとーちゃん at 2011年05月03日 22:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。