2011年11月07日

山登りとお留守番と

この週末は出かける用事があったので、文化の日(11/3)はちょっと長めの散歩に出かけることにしました。午後からは気温が高めだけど晴れるとの予報だったので、久しぶりに近くのお山へ。

111103a.jpg
近くの峠までは来たことはありましたが、この山頂までナットと一緒に登ってきたのは初めてのこと。ご覧のとおり曇っていて眺望はダメなのに、気温だけは10月上旬並みで汗だくになってしまいました。

111103b.jpg
今年はウチの庭や近所のススキは(パンパスグラスも)きれいに穂が開かず貧相な感じなのですが、お山の上もススキはまばら。気候が変だったのかな?

111103c.jpg
(それほど遅くもない)3時頃に家を出て、下山してくるハイカーにはたくさんすれ違ったのですが、珍しく山の上では誰にも会いませんでした。

111103d.jpg
貸し切り状態なので、しばし二頭とも放牧を。
広い所を駆け回る犬達を眺めるのは、それだけで幸せですねわーい(嬉しい顔)

111103e.jpg
雲がかなり厚くて、夕焼けは期待できそうにないので、30分くらい遊んでからのんびり山を下りることにしました。
ファルコはリードを離してお互いのペースで歩けるのですが、山道で離すには不安が残るナットはリードを付けたまま。下りはちょっと神経を使います。

111103f.jpg
ちょうど家に帰り着いた頃、ほんの10分くらいだけ、雲が薄くなって空が赤く染まりました。
久しぶりに2時間半ほどの長い散歩を楽しんだ休日でした。


111105a.jpg
週末のお出かけというのは、10年以上通っている"ヴェトロモンターニャ高野山"というヒストリックカーのイベント。
高野山はあいにくの天気でしたが、見事な紅葉も楽しめましたよ。

111106a.jpg
日曜日も朝のうちは雨...もうやだ〜(悲しい顔)。でも、例年に比べてかなり暖かかったので、それほど辛いわけではありませんでした。

111106b.jpg
昨年の記事でも紹介したディーノ君は、今年も Lotus Elanで(シートの後ろに乗って)東京からやってきていました。
お父さんとお母さんがクルマを離れてても何時間でもクルマの中で待てる驚くほど落ち着いた子。ナットに爪の垢を分けてもらいたいものですふらふら

昨年、今度こそファルコをナビゲーターで連れて行きたいと話していたので、何人もの方から、"あれっ、ワンちゃんは?"と尋ねられたのですが...
ナットがまだ遠出に慣れていないので、今年も(二頭とも)PAWSさんに預けて人間だけでの参加だったのです。

111106c.jpg

ナットはウチに来てから初めてのお泊まりでの留守番でした。
今年はカミさんがドライバーだったので、私が途中で抜け出して日曜の夕方に迎えに行ったのですが、その際の喜び方はかなり激しいものでした。
心細かったんでしょうね... ごめんね。
posted by Tosh at 23:58| Comment(2) | ワンズ日記
この記事へのコメント
僕もいつの日かヴェトロモンターニャの参加資格を獲得したいもんです。
今年もペペちゃんは来てはりましたか〜?^^♪
Posted by ラフ父 at 2011年11月10日 23:14
ラフ父さん、
ヴェトロモンターニャ、今年は20周年だったんですよ。こんなに長く続いているヒストリックカーのイベントはほとんどありません(コッパディ小海は21回でしたが)。しかも大きなスポンサーを付けずに手作りで続けているのが素晴らしい!
雑誌にも掲載されないので、(クルマよりお金が好きそうな)変なエントラントが少ないことも私(や多くの参加者)にとっては居心地が良いんです。だからこそ、毎年、東京や北陸からもたくさんの常連さんが駆け付けてくるわけです。

ペペちゃんはもちろん来てたようですが、雨が多かったのと私が先に帰っちゃったので、今年は挨拶もできずじまいでした。残念。
Posted by Tosh at 2011年11月11日 18:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。