2012年01月19日

山の動物たち

一昨日(17日)は、予定外の休日にしました。
少し前からナットの左頬に湿疹ができているのですが、それを掻きむしって出血してしまったのが原因。動物病院でかゆみ止めの内服薬を処方してもらい(抗生剤は既に投与中)、少し様子をみていたいと思ったのです。というのも、ナットは最近エリザベスカラーの"壊し方"を覚えちゃったもので...もうやだ〜(悲しい顔)

傷口が痛々しいのを除けば、体調等に気になるところはなく、本犬はすこぶる元気。
週末にあまりワンズと遊んでやれなかったこともあって、午後からは遠出の散歩に出かけることにしました。

120117a.jpg
向かったのは私が一番お気に入りのルート、"見晴らしの良いハイキングコース"です。
お昼頃までは青空が広がっていたのに、午後からは雲が増え、時折陽が射すだけになっていたのが少し残念でした。

120117b.jpg
まだまだ"お行儀の良い犬"にはほど遠いナットですが、少しずつ自由にできること/時間を増やして、自信を持たせたいと考えています。
なので、時々リードを離して、呼び戻しの練習をしながら進みました。

120117c.jpg
途中の小ピークで記念撮影。

120117d.jpg
はいはい、ファルコもね!

120117e.jpg
この散歩ルートは(全体としてはフラットなハイキングコースですが)適度なアップダウンがあるので、人間も犬も歩いていて楽しいんです。
こんな石を組んだ階段が所々にあったり...

120117f.jpg
大きな岩がむき出しになった崖状の場所もあります。
ちなみに、犬連れで注意が必要な難所?はここ一カ所だけです。

120117g.jpg
上の写真と同じ斜面を下から眺めたところ。
中型犬以上で足腰に不安がない子であれば、問題なく通れると思います。

120117h.jpg
目的地のピークに到着。
今回は中望遠のに加えて超広角ズームをポケットに入れてきたので、パノラマ感を写せました。ワンズはソッポ向いちゃってますケド...ふらふら

120117i.jpg
いつもの池に帰ってきたら、夕日が水面に反射してまばゆい光の世界になっていました。# 雰囲気を切り取れたかな?

で、池までの帰り道の話なんですが、林の中を逃げて行く小動物がいました。
笹の揺れ方や落ち葉の踏み音から、イタチよりは大きそうですが、若イノシシというサイズではありません。アライグマ、タヌキの類いだったのでしょうか。
それに気付いた春夏コンビは大興奮! リードに繋いでいたナットはガンガン引っ張るし、ファルコも林の中に突撃...  10m余り進んだところで制止を聞いてくれましたけどね。

去年の今頃は、イノシシの度重なる庭への侵入に辟易していたのですが、実はこの冬は出没が非常に少ないようです。
ひと月半ほど前に鉢合わせを心配する記事を書いたのですが、それ以降一度も見かけていません。異常に多かった昨冬とは一転、この地に引っ越して5年の中では最も遭遇率が低い平和な状況が続いているのです。
まだ興奮しやすいナットを連れ歩く身としては、こんなにありがたいことはありません。森の中にたくさんの食べ物を用意してくれた気候に感謝!


AnimalFigurine1.jpg
野生動物の話を出したので、いつか使おうと撮っておいたオマケ画像をば。
最寄りのバス停近くにある案内板にはリスが住み着いて?います。

AnimalFigurine2.jpg
その隣にはキツネ?(ひょっとしたらオオカミ?)も。
どなたが設置されたのか知りませんが、なかなかしゃれてるでしょ!

AnimalFigurine3.jpg
別の場所にある案内板にもリスがいるんですよ。

ファルナツ地方には本物のキツネもリスも居るそうですが、残念ながら私はまだ見かけたことはありません。麓の街に住んでいた時は、マンションの前にある公園(丘)で何度もキツネを見かけたんですけどね。
イノシシとアライグマは多い地域ですが、サルやシカといった他のワルサをする動物が居ないのは、実際に住む者としては助かっています。
posted by Tosh at 22:10| Comment(0) | ワンズ日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。