2012年06月11日

梅雨入り直後の庭

今朝(6/11)はからっと乾いて気温も低め、気持ちの良い五月晴れでした。
なんですが、今回は梅雨に入ったばかりの土曜日の写真を中心に、庭の様子を記録しておきます。

120603a.jpg
この写真は一週間前に撮ったもの。今年は つるアイスバーグが咲き始めてから満開になるのに結構時間がかかりました。ほぼ咲き揃ったのは、ちょうど入梅した金曜日くらいです。
引いた写真だと従来どおりのようにも見えますが、今年の花は少し黄ばんでいたり、蕾の段階でも瑞々しさがなかったり... 綺麗じゃありません。
例年ならご近所さんに花束のお裾分けをするのですが、今年はみすぼらしくって、とてもそんなことはできない代物です。
剪定どころか肥料もやってないと、こんなに正直にダメになるんですねふらふら

120609a.jpg
今年は本当に何一つ手をかけてないので、アイスバーグの後から咲き始めたピンク色のバラ(アンジェラ、マジカル・ミラクル、バレリーナ)はどれも同じように元気がありません。
去年までと変わらないように見えるのは、咲き始めたばかりのこのアルバ・メイディランドだけです。

120609b.jpg
まとまった雨で、庭の多くの木々が"お辞儀"をしています。
玄関側のヤマボウシ。上向きの花は普段は眼につかないのですが、土曜日は枝が傾いたおかげで清楚な花を楽しませてくれました。

120609c.jpg
他の発見もあります。斑入りケヤキの葉の上の"むかご"のようなこぶ。
ネットで調べてみると、ケヤキヒトスジワタムシの虫こぶだそうですねがく〜(落胆した顔)
無知な私は、最初 ハナイカダのような花か実なのかと思っちゃいました。

120609d.jpg
本当の実はこちら。ジューンベリーの実が熟し始めています。
小鳥達に食べ尽される前にと、少し摘んでみました。

120609e.jpg
ジャムを作るほどには収穫できなかった(まだ固い実が多かった)ので、朝食のヨーグルトに入れて毎朝いただいているんですよ。

120603b.jpg
この時期、ウチの庭の広い範囲で、地面を飾っているのは野イチゴの実。
メインガーデンの側は、ワイルドストロベリーを2株買って植えたものが、すごい勢いでランナーを延ばしているのですが、玄関側のこれは野生のものだと思います。あまり美味しくはないし、ワンズのオシッコがかかっているものも多いので、これは食べません。

120609f.jpg
庭の一角でベリー状の実ができていました。この辺りでは野バラの一種みたいな"雑草"が繁茂して、白い花を楽しんだら一所懸命抜き取る毎年だったのですが、今年は放置したままになっていたものです。
食べてみると甘くてとってもおいしい! もしかして...と調べてみたら、なんとラズベリーだったようですね。

移り住んですぐに苗を植えたことがあるのですが、うまく根付かずに枯れてしまったと思っていたのですが、少し離れたところでグングン育っていたことに気付くのに何年もかかってしまいました。
トゲが痛いので、例年"性悪の雑草"として扱ってきたのを大後悔...もうやだ〜(悲しい顔)

120609g.jpg
枯れたと思っていたのに実はちゃんと育ってたというのは、このスイカズラも同じです。いろんな植物があり過ぎて、何を植えたか、何が本当にダメになったのか掌握しきれてないんですよね... お恥ずかしいふらふら

120610a.jpg
ワンズの写真も載せとかなきゃね!
私に似たのか朝が弱い(以前から散歩の直前まで動き出さない)ナットです。

120610b.jpg
久しぶりにファルコのテラスでの1ショット。

120609h.jpg
オマケ-1: ホシミスジは羽を広げたままでじっと動かないチョウなので、写真に撮るのは簡単です。

120610c.jpg
オマケ-2: ピロティー(半地下の物置空間)にツバメが巣を作り始めています。
一昨年は巣が半ば完成した頃に長雨があり、じっとり湿ったコンクリートとの間が緩くなってゴソッと落ちてしまいました。表面のツルツルした層をデッキブラシで擦って待っていたものの、去年は巣作りに来てくれませんでした。
うまく完成して子育てしてくれると良いんですけどね。
posted by Tosh at 23:59| Comment(2) | 庭の様子
この記事へのコメント
こんにちは^^

お庭の写真が沢山でホクホクしています^^
それにしてもバラのお手入れのお話しは読んでいて身につまされました(笑)
本当に分かり易い子ですよね、バラって。
我が家も同じ状態に陥っています。
お礼肥をあげて今更ながら機嫌を取ってる状態でして…(苦笑)

ツバメの巣とは羨ましい〜
無事マイホームが完成して巣立ってくれると良いですね。
我が家はアシナガ蜂に巣を2箇所作られました。
蜂が巣を作る家は栄えるなんて呑気な事を言うお父ちゃんは無視して撤去しましたが^^;
密集した住宅街でお子さんも沢山なので他に行ってもらいました。

そうそう…
前回の記事のバニラちゃんにお相手してもらってるファル君が面白可愛いです^^
ヘラヘラしてたら怒られるなんて微笑ましいエピソードですね(笑)
Posted by べるーくまま at 2012年06月12日 19:07
べるーくままさん、
今までは剪定をしないことはあっても、肥料だけはやってきてたんですよね、バラ。
今年はちょうど寒肥の時期に、ナットが湿疹治療のステロイドのために "何でも食べる"状態になってしまっていたもので...(泣)
私はズボラなので、ちゃんと周りの土を掘って施肥することはやったことがなく、置肥あるいは撒肥という安易な形できたもので、"ま、いいか?"と諦めてしまったのでした。

ウチも、スズメバチとアシナガバチが家の外壁に巣を作りかけたことがあります。スズメバチを撃退するのに、ラケット型の電撃殺虫機を常備していて、バチッと叩くというのを繰り返していたことも...
あ、そうそう、コンポストの中にミツバチが巣を作っていて慌てたこともありましたっけ。
山の中に住んでいるので、虫全般は慣れっこなんですが、スズメバチだけは羽音だけでもちょっと怖い感じがして、お引き取り願いたい相手です。
Posted by Tosh at 2012年06月12日 23:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。