2012年06月24日

ディエラマ、咲いた

夏至を迎えた荒れ庭の花を、写真中心で(手抜きとも言うたらーっ(汗))紹介しますね。

120622f.jpg
ファルナツ地方では、あちこちでいろんなアジサイが咲き乱れています、
ウチの玄関側の一角でも、二種類が咲き始めました。

120622g.jpg
鉢で楽しんだ後で地植えしたものですが、品種名は... わかりませんふらふら

120622h.jpg
このガクアジサイは、いつの間にか生えてきたお客さんです。
元気が良過ぎるので、他の植物がちょっとかわいそうな状況に。

120623h.jpg
今、庭で目立つのはヒペリカムの黄色。これはヒドコートという種類かな。

120623i.jpg
こちらは、たぶん ヒペリカム・カリシナムってやつですね。

120623j.jpg
カンゾウも元気な黄色を見せてくれています。

120623k.jpg
油紙のように微妙に透けた花びらがおもしろいこの花。
どこかから種が飛んできたお客さんのような気もするのですが、名前がわかりません。ご存知の方がおられましたら、ぜひ教えてくださいな。

120623l.jpg
去年も紹介したはずですが、大好きな花なので今年も。トリテレイアです。
この花を好きになったのは、イギリス旅行で立ち寄った Kiftsgate Court Gardensで見かけた時。その後、日本でも普通に球根が売られているのを知って、あちこちに植えたものです。

キフツゲートでお気に入りになった草花というと、なによりもゲラニウムとディエラマです。

ゲラニウムはそこそこ育ってくれるのですが、ディエラマの方は失敗の連続でした。苗を買ってすぐに地植えしたものは、雑草に埋もれたり、イノシシに掘り返されたりで、残っているものも全く元気がありません。
で、しばらくは鉢で育てる方に切り替えたのですが...

120622i.jpg
一昨日、見慣れない小さな蕾が! 我が家で初めてのディエラマの花です。
細いステムの先に複数の花を付けるのがディエラマの特徴ですが、普通は垂れ下がるようにもっとたくさんの花になるはずなのですが...
# ちなみに、バックは日本の野生ゲラニウムの一種、ヒメフウロです。

120623m.jpg
昨日、ついに咲いてくれました!わーい(嬉しい顔)
いろんな品種を買ったので、この状態ではどれなのかわからないのですが、とても小さな(2cm位)花びらです。もう少し株が育てば違った表情を見せてくれるのかなぁ?

実はもう一株、花茎を延ばしているのがあるので、ちゃんと花を付けてくれるのを楽しみにしているところなんですよ。

KiftsgateCG-a.jpg
キフツゲートで一目惚れした(マトモな)ディエラマの株ってのは、こんな状態でした。草丈は 1mをゆうに越えて、素晴らしい存在感があったのです。

KiftsgateCG-b.jpg
上の写真とは別の株(種類)の花。花びらの長さは 5cm以上あるんですよ。
こんな可憐な花が細い茎に垂れ下がっている姿から、"Angel's Fishing Rod"(天使の釣り竿)とも呼ばれるそうです。

ウチのディエラマ達も、なんとか大株に育てたいものです。

120618a.jpg
ワンズの写真も少しだけ。
一週間ほど前に撮ったものですが、武蔵兄ちゃんに甘えるファルコです。

120618b.jpg
同じ日のナットも、バストアップで一枚。
posted by Tosh at 23:56| Comment(0) | 庭の様子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。