2012年11月10日

安堵で美しい紅葉

ファルナツ地方、今年は紅葉の当たり年のようです。
この地に越して来てから6回目の秋ですが、ウチの庭だけでなく、ご近所さんの庭木も、山も、最も鮮やかな葉色を楽しませてくれています。

121109a.jpg

昨日(11/9)、仕事をお休みにして、ナットを病院へ連れて行きました。
実は、今週は(というか特に昨夜は)いろいろと大変だったのです。

水曜日の夜、出張から帰宅した私はナットの異常に驚かされました。
喉のしこりの周りが(10数センチの径で)大きく腫れて垂れ下がっているような状態になっていたのです。本犬もあきらかに辛そうな様子。
カミさんの話では、その朝は少しテンションは低かったそうですが、普通に散歩に行けたし顕著な腫れはなかったはずとのこと。

その夜はほんの少し連れ出したものの、木曜日の朝以降は、室内で少し歩くだけでハァハァと音を立てて息をする状態。とても散歩に行ける状態ではありませんでした。ナット自身の表情も暗く、水を飲むのさえ大儀そう。
いつものがっつくような食べ方でこそありませんが、食欲はあって、何度かに分けて与えればちゃんと全量を食べてくれるのと、便の状態が良いのだけは救いでしたが。

121109b.jpg

木曜は病院がお休みの日なので、電話で少しアドバイスをいただいて、金曜日が来るのを待ちます。
水曜日のような大きな変化(悪化)はなかったものの、より元気がなくなり、便も緩くなって、正直に告白すると気が気ではありませんでした。

そして、昨日。
まだ自力で車に飛び乗る体力があることにホッとしながら病院に。
前回(と前々回)の抗がん剤は期待する効果を発揮しなかったわけなので、新しいお薬に切り替えていただくことになって預けて帰りました。
迎えに行くまで時間はあったのですが、さすがに仕事に出かける気にはならず、庭でファルコと過ごしたのでした。(写真はその時のものです)

121109c.jpg

夕方、ナットを連れて帰ると、今度はファルの様子が変です。お腹にガスが溜まっているような状態で、盛大な下痢... 加えて、嘔吐くそぶりまで。
まだ診療時間内だったので、(気になるもののナットは家に残して)かかりつけの獣医さんに急行。
レントゲンでも大きな異常は見つからず(深刻な原因ではなさそうで)、嘔吐止め、下痢止めの処置をしていただいて帰宅しました。

実はそれからが大変でした。
ナットは水を飲むたびに嘔吐(4回)、ファルは頻繁に下痢(合計5回)... タイミングが重なると悲惨な状態になってしまいます。

121109d.jpg

二頭とも水も与えないことにして、完全絶食で過ごした夜が明けました。

ファルの下痢が今朝まで続いたのは懸念材料ですが、飲み薬で何とかなりそうな気配。元気はずっとありますので、一過性のものと思われます。

そして、ナットに大きな改善が!
浮腫むように大きく腫れていた喉が、一晩で以前の状態に近いところまで治まったのです(しこりはまだありますが)。
しぐさ、表情も良くなり、何よりも目に輝きが戻ってきました。
水曜の夜以降、オモチャの類い、ファルコとの遊びにも全く興味を示さなくなっていたのですが、久しぶりに紐付きボールを(ちょっとだけですが)振り回してくれた時には、思わず涙がこぼれそうになりました。

121110a.jpg
午後、四日ぶりに家族全員で散歩に出かけます。
ご近所の見事なモミジを背景に記念撮影。

121110b.jpg
ちょっとだけ山道(イノシシのトンネル)も通ったのですが、二頭とも嬉しそうに先を急ぎます。すっかり以前と同じ状態。

121110c.jpg
ワンズの改善を祝うかのように、艶やかに色付いた池の脇のモミジ。
こんなシャキッとした凛々しいナットの表情も久しぶりです。

121110d.jpg
帰り道、ピンク色の美しい紅葉を見つけました。
今日の記念に、ウチの庭にも植えようかなぁ。
posted by Tosh at 23:59| Comment(2) | ワンズ日記
この記事へのコメント
ブログを久しぶりに拝見しまして とても心配になりました!でも、お薬が効いたのでしょうね、腫れが引いて少し、調子も戻ったのと事(T_T)良かったです!
ララの喉の腫れが邪魔をして 鼻腔も塞ぎ 息が段々、しにくくなった時は、本気で人工呼吸も考えました(T_T)
ナット君の体がしんどくなっても、息が普通に出きることを心から願います!パパさん、ママさんの心中をお察しすると 私にも分かりすぎるから
とても辛いですが、心から応援していますから!お大事にしてくださいね!
Posted by ゆきてぃ at 2012年11月13日 23:16
ゆきてぃさん、
あたたかいお心遣いをいつもありがとうございます。

いただいたコメントと入れ違いのように掲載した記事のように、ナットの状態がまた急変してしまいました。
新しい記事を書いている間にも悪化しているようで、最初は左前肢だけ動きが良くなかったのが、今は後肢も力が入りにくいようで、少し歩いてはよろけそうになります。

先週の喉の腫れは浮腫んでいるような感じで柔らかい部分が多かったのですが、今回は少し固めの範囲が広いのも気掛かりです。
とは言え、今のところは呼吸困難を起こしているわけではありません。

私自身かなり動転してしまっていますが、皆さんが心配し、応援してくださっていることを思い出して、最善の努力をし続けたいと思います。
Posted by Tosh at 2012年11月13日 23:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。