2012年11月26日

秋の夕陽とお月様

ナットはずいぶん良くなりました。まだ右後肢の(リンパ液漏出の)傷口が完治はしていないのと便が緩いことを除けば、ごく普通の状態に戻っています。
半月前に比べると(喉などの)腫瘍は大きくなってはいるのですが、一週間前からすると各部位ともに何分の一かに縮小してくれました。

121125a.jpg
あまり激しく絡みはしませんが、ファルコの挑発に乗って少し引っ張りっこもするようになりました手(チョキ)
# 今までも、ステロイド剤投与時はあまりテンションが上がらないのです。

昨日(25日)の夕方の散歩時の写真を少し載せておきますね。

121125b.jpg
モミジは散ってしまったものも多く、今はナラ類の黄〜茶色が目立ちます。
今年は春も短かったですが、秋も駆け足で過ぎ去りそうで、ちょっと寂しいですねぇ。

121125c.jpg
ディーン君とポチ君(ナットの尻尾で隠されちゃってますふらふら)を見つけて駆け寄る春夏コンビ。と言っても、近くまで行くとナットは素っ気ないんですが。

121125d.jpg
ハナちゃんとお母さんとも久しぶりに会えました。
# 相変わらず、オヤツをもらえる時だけはお行儀の良いウチの子達...わーい(嬉しい顔)

ハナちゃんは重病から復活したんだから、ナットも見習わなきゃね!

121125e.jpg
ちょうど山の端に陽が落ちる時間帯。東の空にはお月様が昇ってきていました。

121125f.jpg
吐く息が白くなり始めた山の夕暮れです。
posted by Tosh at 23:33| Comment(7) | ワンズ日記
この記事へのコメント
はじめまして。GRを飼っているはりりんと申します。愛犬が闘病中の友人から紹介され、応援の気持ちを込めて読ませて頂いています。
それで今日の画像にあった、お友達わんこのディーンくんはもしかして西宮の団体さんから来たわんちゃんでしょうか?
私が保護当時、一時預かりしていたわんちゃんにそっくりで、お名前が同じなんです。まさかこんな形で再会??と驚き思わずコメントさせて頂きました。間違っていたら申し訳ありません。

ご家族さまの想いが、ナットくんの力となり、穏やかな日々が続くことを祈っています。
Posted by はりりん at 2012年11月28日 00:51
はりりんさん、
はじめまして!
応援のお気持ち、確かに受け止めました。ありがとうございます。

ディーン君も保護犬だと聞いていますし、特徴のある毛色、姿なので、はりりんさんがフォスターをなさっていた子の可能性は高そうですね。今度、飼い主さんに聞いておきます。
右側メニューの下の方(カレンダーの上)にある"検索"で"ディーン君"を探していただくと、約20件の記事がヒットするようです。が、名前だけとかのも多いので、ちゃんと写っている記事を少し並べておきますね。
http://falkor.jinendo.org/article/37188762.html
http://falkor.jinendo.org/article/42496205.html
http://falkor.jinendo.org/article/55831362.html
ご確認いただければ幸いです。
Posted by Tosh at 2012年11月28日 20:42
Toshさん、お心遣いありがとうございます。ご紹介頂いた3件の記事、さっそく読ませて頂きました♪懐かしいディーンくんのお顔立ちとふわふまわの毛並み・・・間違いないような気がします(*^^*)
幸せになった元預かりっこ達の姿は、私にとって何よりのご褒美・・・幸せな気持ちになります。ナットくんをお預かりされていた方も、ファルコくんち同じように愛され、大切にされているナットくんの様子に、きっと同じお気持ちだと思います。
わんこ達がつなげる幸せの輪が広がりますように。。。
Posted by はりりん at 2012年11月28日 22:46
たびたびすみません。先ほどは肝心なコトを書き忘れてしまいました。
預かりっこ達の譲渡先に関しては、個人情報の関係で、スタッフさんがお話されることはありませんし、こちらもその点は詮索しないように心掛けています。なので、ここで元気な姿に会えただけで十分です。これからもファルコくんとナットくんのこと、そしてディーンくんのことを陰ながら応援させて頂きます。ありがとうございました(*^^*)
Posted by はりりん at 2012年11月28日 23:55
はりりんさん、
やっぱり同じ子のようなんですね!
ディーン君は人間はちょっと苦手(と言っても、吠えたりするわけじゃなく、ちょっと怖い?)みたいですが、ほとんどの犬にはとってもフレンドリーな良い子です。
好きな子が来ると、長い足で軽やかに踊るようなステップを踏んで喜びを表してくれるんですよ。はりりんさんちに居た時も同じだったかな?

それと蛇足かもしれないのですが、ナットの一時預かりはウチなんです。福島からARKにやってきて数日で我が家に来て、そのままウチの子になったという経緯でした。
あ、もちろん"わんこ達がつなげる幸せの輪"に対する思いは私も一緒ですからね!!
Posted by Tosh at 2012年11月29日 00:01
たびたびの、たびたびで申し訳ありません(><)陰ながら応援しますと言ったのに、これで最後にします。預かりっこのコトになるとお口が止まらないもので・・・
はい!我が家にいた時も、兄弟揃ってドキドキさんでした。おっしゃるように決して吠えたり、逆らったりしない、優しい優しい子でしたよ。でもわんこは大好き♪うちのGRにはみんな『おにーたん♪おにーたん♪』と別犬のように群がっておりました(笑)
今もそうなのですね。あの頃を思い出し、懐かしさで涙が出ました。

なるほど・・・ナットくんの赤い糸は、福島を出る時からつながり始めていたのですね(*^^*)ご縁って不思議です・・・

人にも動物達にも優しい社会になりますように。

何度もお邪魔してすみませんでした(^^;
Posted by はりりん at 2012年11月29日 21:37
はりりんさん、
ディーン君は兄弟で預かっておられたのですね。
今朝の散歩では今の飼い主さんにお会いできなかったのですが、近いうちに はりりんさんのことをお伝えできると思います。
ディーン君、人間のことも怯えるって感じじゃないのですが、いつも一緒にいる方以外は、上手に避けるって感じでしょうか。でも、本当に犬は大好き。特にファルコとはウマが合うようなんですよ。

ナットとの出会いはいろんなことを私たちに教えてくれています。ありがたいことです。
私は運命論者じゃありませんが、"縁"というのを大事にしたいと常々思っています。はりりんさんとこうして話をさせていただくことになったのもディーン君が繋いだ縁。
これからもどうぞよろしくお願いしますね。
Posted by Tosh at 2012年11月29日 22:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。