2013年11月05日

深まる秋の庭で

この連休はお天気に恵まれませんでした。
昨日(4日)の振り替え休日も午前中は太陽が見えることもあったのですが、お昼頃から夕方前まではそこそこの雨と激しい風...

131102a.jpg
木枯らし一号が吹き荒れる前の土曜日に撮った庭での写真を記録しておきますね。# 曇っていたので色合いがよくありませんがたらーっ(汗)

まったり犬のファルは、よくこんなふうにテラスで物憂げに外を眺めています。間違って落っこちないように後から追加で張ったロープにアゴを乗せるのが好きみたいです。

131102b.jpg
一枚目の写真でファルの後ろに写っていたのは色付いたジューンベリー(左上)です。真ん中の赤いのはイロハモミジで、電信柱の少し右に見えるのはソメイヨシノ。今年はサクラの葉が、赤までいかずに茶色で終わって(既にかなり散って)しまいました。

わかりづらい写真ですが、右下は手前に(主に黄色の)ピラカンサがあり、その奥にニシキギの赤銅色が写っています。
一年くらい前の記事の3枚目の写真がウチの若木のニシキギだったのですが、この樹は大きくなると異なった葉色を見せてくれるんですね。同じ記事の最後にピンク色の紅葉を載せていますが、実はこれがニシキギだと気付いたのはごく最近のことでした。つまり、ウチの庭には既に植わっていたわけです。世界三大広葉樹に数えられると言われる割にパッとしないなぁと思っていたのですが、もっと育たなければその真価はわからないのですね。

131102c.jpg
今回は色付いた実を写真に納めてみました。
まずは、上述のピラカンサ。赤い実の木と黄色い実の木が絡んだ50cmくらいの苗木を買ってきて植えたのですが、特に黄色い方の生育が旺盛で、刺が痛いこともあって庭一番の暴れん坊になってしまいました。

131102d.jpg
クロガネモチの実。ガマズミの実が(落ちて)少なくなってくると、代わりにこちらの赤い実が目立ってくるような気がします。

131102e.jpg
去年初めて実を付けたシブガキ、まだヒョロヒョロの若木なのに今年は何十個も実ってくれました(本当は摘果をすべきでした)。
良さそうなものだけを選んで、カミさんが20個ほどの干し柿を吊るし始めてくれたのですが、これは鳥に食べてもらおうと残してある(採るのが面倒だったとも言うたらーっ(汗))ものです。

131102f.jpg
昨日の木枯らしが吹く前から、サクラの下には赤い落ち葉が積もっていました。# 雑草や笹に隠されちゃってますが...ふらふら

131102g.jpg
庭でのワンズの写真をもう少し。

131102h.jpg
ペニーは童顔だからなのか、ついチビだと思っちゃうのですが、体長自体はファルと同じくらいになっています。胴回りはまだまだ細いので体重は27Kg余りのままで止まっていますが。

131102i.jpg
10日ほど前に診察していただいた際のレントゲンでは、骨がもうちょっとで繋がるという状態だったのですが、肘関節のアライメントは良好で、再手術はまず必要ないだろうと言っていただけましたわーい(嬉しい顔)
本犬もよほど動いた後でなければ脚を気にすることはなくなりつつあります。良かったねぇ!> ペニー

131102j.jpg
posted by Tosh at 23:59| Comment(0) | ワンズ日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。