2013年11月29日

ペニーの親戚大集合

昨夜は寒かったですね。19時頃には既に2℃くらいに下がっていて、今朝は氷がしっかり張っていました。# 平地では初雪も見られたそうですが、ファルペン地方にその形跡はありませんでした。

さて、今月に入ってサボり癖が付いちゃったようで、先週末のネタをほったらかしにしてしまっていました。またしても、約一週間遅れの更新ですふらふら

131123a.jpg
先の週末は、両日共に良いお天気に恵まれましたね。
今月中旬から色付き始めた我が家で一番大きな木、コナラ。散り始めていたとはいえ、週末の時点では色合いの良い葉がまだまだ残っていて、秋空に映えて綺麗でした。
が、月曜日、水曜日の雨と風で、今日はもう丸坊主に近い状態です。

一ヶ月前まで強い台風がやってきていたというのに、もう本格的な冬の到来... 今年はほんとうに秋が短い気がします。

131123b.jpg
21日(木)にペニーの診察があったのですが、まだ骨は繋がっていないようです(くっつきかけているんですけどね)。もうそろそろ癒合して欲しい時期なので、一ヶ月間あまり運動させないよう指示を受けました。長時間のお散歩もオアズケです。

が、獣医師に相談して、もう一日だけ羽目を外す許可を取り付けてありました。というのも、23日(土)に楽しみな催しが控えていたからなんです。

131123c.jpg
そのイベントっていうのは、ペニーの生まれたお宅に、同胎犬達が集まるというもの。dog actuallyの藤田りか子さんの記事に出てくるケネル・ミーティングのようなものでしょうか。

当然ですが似た子が多いので、ちょっと目を離していると、数秒後には自分ちの子がどこにいるかわからなくなりましたたらーっ(汗)
ちなみに、左側で全身写っているのがペニーです。

131123d.jpg
これも左側がペニー。そして、真ん中で頭と背中だけ見えているのがペニー達のお父さん犬です。

131123e.jpg
同胎犬達と見比べるとペニーは(食餌制限をしたこともあってか)少し小さめでした。9ヶ月齢とは思えない立派な男の子もいたので、よけいにそう思っちゃったのかもしれませんが。

この写真は右側がペニーです。飛び付いて甘えちゃダメだと教えられてないことがバレバレあせあせ(飛び散る汗)。恥ずかしいなぁ、もう...

131123f.jpg
普段は"とーちゃん(私)命"のペニーなんですが、こんな楽しい場では呼び戻しだって聞きやしませんもうやだ〜(悲しい顔)。この写真は"たまたま"うまく反応してくれた時のものですが、もう興奮しっぱなしで駆け回っていました。
# この写真には大人の子も何頭か写ってます。

131123g.jpg
で、一緒に生まれた子を相手にプロレスごっこ... って、噛み付くのは反則だよ!

131123h.jpg
数秒後には組み敷かれつつも尻尾をブンブン振っていたり... 見ていて飽きることはありませんでした。

131123i.jpg
面白かったのは、渋滞に巻き込まれた方が遅れて到着された時。後からやってきた子をワラワラとみんなで取り囲んで嗅ぎまくっていました。
もちろん、威嚇的なことは一切ありませんでしたし、その瞬間は勢いに押されて匍匐前進するしかなかったこの子も、数分後には他の子以上にはっちゃけてましたよわーい(嬉しい顔)

131123j.jpg
主催者のご友人は、遠方からパピーを連れてやってこられていました。
可愛いのなんのって!

131123k.jpg
ラブラドールと間違われるという幼いパピー達。まだネズミの尻尾ですね。

131123l.jpg
前半は念のためにサークルに入れられていたチビ達も、ペニーの同胎犬達に荒っぽい子がいないことがわかってからは外に出してもらって一緒に遊んでいました。最初は興味本位で付き纏われて(付き添われて?)ましけどね。

131123m.jpg
一ヶ月間の安静を言い渡されていることを伝えてあったので、お里の方でも気を遣ってくださって、疲れてきた頃を見計らって、時々サークルに入れて休ませてくださいました。
それでも、ずいぶんたくさん走って遊んで、楽しかったよね! > ペニー

そして同胎犬のオーナーさん達が、皆さんペニーのことを心配して気にかけてくださっていたこともわかって感激一入でした。

皆さん、ありがとうございました!
年末には骨が繋がった旨の報告をできるよう、今しばらくは無理をしないようペニーとガマンをしますね。

131123n.jpg
夕方に家に帰ってきた時のファルの写真です。
"ボクに留守番をさせておいて、やたらいろんな犬の匂いを付けて帰ってきたなぁ..."といった感じで、ちょっと複雑な表情も見せたんですよ。
もっとも、すぐにいつもの顔に戻りましたけどね。
posted by Tosh at 21:49| Comment(4) | ワンズ日記
この記事へのコメント
お久しぶりです。
なかなかコメントできずにいましたが、いつも記事を楽しく拝見させて頂いております。

ペニーちゃん、きちんとしたポリシーをお持ちのケネルから迎えられましたね。
実は私も、もし次回があるならこちらのケネルから迎えたいと思っていたところなんです。

前肢の手術を乗り越えて回復しているご様子で安心しました。
ペニーちゃんもよく頑張っています。
遊びたい盛りの子犬を安静にさせるのは忍びないでしょうけれど
完治した先に楽しい毎日が待っていますのでもう少しの辛抱ですね。

パパさんもママさんも、熱心にいろんなことに挑戦されていて感服します。
私はぷりんを迎えるときに何かドッグスポーツに挑戦するつもりでしたが
時間がないことと、家族の理解が得られないため何も手を付けられない状態です。
でもいつでも挑戦できるようにレトリーブとトリックの練習は欠かしていませんよ。

いつかGRTの会場でお会いできるように
少しずつ家族を説得していこうと思います。
Posted by ぷりんママ at 2013年11月30日 11:27
ぷりんママさん、
お返事が遅くなってすみません。
情けない話なのですが、ぷりんママさんのことがすぐに思い出せなくって、友人宅でお会いした方だったか?以前にコメントをいただいた方だったか?とアレコレ考えていたら時間が経ってしまって... # 老化が進んじゃってるようです(涙)。
で、"ぷりん"ちゃんという名前の記憶を辿ってみたのですが... お散歩で何度もお会いしたことのあるゴールデンちゃんで合っているでしょうか?
もしも勘違いしているようなら、どうぞご容赦くださいね。本当にごめんなさい。

さて、ドッグスポーツの件ですが、ウチは"イッチョカミ"もいい所で、これまたお恥ずかしい限りです。
ファルのGRTも、今年はようやく本格的に始めたかと思えば、不注意による私の疾患から後半は全く参加できなくなっちゃいましたし... ホント情けない限りです。
そんなイイカゲンな状態のくせに、ペニーも脚が完調になれば GRTにトライしてみたいなと思っています。# 身の程知らずって怖いですね(苦笑)。

GRTの会場でぷりんちゃんとお会いできるのを楽しみにしていますね!
Posted by Tosh at 2013年11月30日 19:16
横浜在住ですのでお会いしたことはございません(笑)
以前ナットくんの件でコメントした者です。
紛らわしくてごめんなさい。。。

ドッグスポーツは新参者には敷居が高い印象がありますがどうなのでしょう?
トレーナーにも付いていない完全自己流なので
家族の了解を得られてもヒドイ結果に終わるかも?
でも何となく目標が出来たのでぜひ頑張りたいと思います!
Posted by ぷりんママ at 2013年12月02日 10:50
ぷりんママさん、
失礼いたしました。3代目のGRちゃんの名前がぷりんちゃんだったんですね。
GRTのことをお書きだし、"横浜の一読者"さんがそうなのかな?とは思ったのですが、最近お会いしたワンの中にプリンちゃんが居た記憶があったもので...お恥ずかしい。

私は経験が浅いのでよくわかってない所があるかもしれませんが、GRTAにせよ WWにせよ、そんなに敷居が高いと感じたことはありませんよ。ウチに関しては"ヒドイ結果"を気にしない鈍感さがあるからかもしれませんが...(瀑)
おそらく来年も3月に朝霧で一回目のGRTA競技会が開かれる可能性が高いので、一度(ご家族を誘って?)見学に来られてみてはいかがでしょう?
たしかにドッグスポーツは自己流だと上達は遅いかもしれませんが、実際の競技を観るだけでも、日頃のトレーニングの質が変わってくると思いますよ。# と、ダメダメの私が言ってもねぇ...(汗)

お会いできるのを楽しみにしていますね!
Posted by Tosh at 2013年12月02日 21:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。