2014年02月05日

奪われっぱなし

寒い東京(昨日は都心でも雪が降りました)から帰って来たら、やっぱりファルペン地方の方がずっと冷たくて、20時前に-5.5℃になっていました。この冬一番の冷え込みになるかもしれません。

なんですが、今回の記事は(日曜ほどではなかったものの)かなり暖かかった土曜日(2/1)の記録です。前回の記事では暖かかった日に雪のことを書いちゃったのですが、今回は真逆のパターンですねたらーっ(汗)

140201a.jpg
16時頃から二頭を連れて散歩に出かけることにしました。
久しぶりにカメラを持ち出すことにしたので、ちょっと庭でもひと遊び。

140201b.jpg
室内ではファルの方からペニーを遊びに誘うことは少ないのですが、庭に出るとファルも遊びモードになることが多いようです。むしろペニーの方が、自分のお気に入りのオモチャに執着したり、探検or走り回るのに忙しくてファルに絡んでいかないような。
とは言っても、ファルの誘いの気配を感じるとすっ飛んで来るペニーです。

そんな遊びの一コマをビデオに納めてみました。
少し短かった?(物足りない感じがした)ので、雪の日のペニーもオマケで。

140201c.jpg
で、真ん中の池までやってきました。
先月末から(念のために)少しずつ散歩の距離を伸ばし、大きな池までは行くようになっていたのですが、今回は更に自由運動もさせようという狙い。

140201d.jpg
モッテコイの広場でリードを離している際に、しばらくの間ポインティングのような恰好で固まっていたファルです。

140201e.jpg
棒を放ってやるとカッ飛んで行くのはファルで、それを追いかけるのがペニーという構図になります。で、ファルが拾って帰ってくる途中で、ペニーがそれを横取りするのが常。
ナットは水辺ではいつも"鵜飼い"をしましたが、陸上ではペニーのように強奪することはありませんでした。一緒に銜えて"シシャモ"になることは多かったですけどね。ペニーは"鵜飼い"というより"追い剥ぎ"かもふらふら

140201f.jpg
後ろから追い付いてあっという間に奪い取ってしまうんですよね...
遠慮知らずのペニーの強引さもあるのでしょうが、ファルの方もあっさり譲ってしまうのです。牡犬は牝を攻撃できないという本能やパピーライセンスがまだ効力を発揮しているのでしょうか。

140201g.jpg
なので、ファルとペニーの"シシャモ"は一瞬のできごとでしかありません。
奪い取られたことをファルは気にしてないようなので、まぁいいか...

140201h.jpg
というわけで、今回のベストショットですわーい(嬉しい顔)
posted by Tosh at 23:41| Comment(0) | ワンズ日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。