2010年01月23日

大好きリリィ姉ちゃん

この記事は初めてのリアルタイムの日記、つまり 2010/01/23の出来事です。
なので、今回の写真は 1歳5ヶ月のファルコです。

100123a.jpg
実家に遊びに行ってきました。ファルコを連れて行くというので、妹も黒ラブのリリィを連れて来てくれて、いつものように二頭の遊びが始まります。
リリィはとても優しいガイド系ラブの雌で11歳。足腰が弱って来ているのですが、ファルと一緒だと結構がんばって歩き回って遊んでくれるのです。

100123b.jpg
とは言え、ファルは体力の限りしつこく付きまとって遊びをせがむので、リリィは辟易することも...ふらふら
日頃のお散歩時に会うお友達の犬達とは、オフリードで遊べる機会も少ないし時間も限定的ですが、リリィは長い時間でもずっと相手をしてくれるので、もっとも大好きな相手なんですよね。ハードな遊びに疲れてきても、リリィの後をずっと付いて歩いています。

100123c.jpg
そうそう、ボール遊びの時のファルはなかなか敏捷なんですよ。

夕方から奈良市内にある妹の家にお邪魔して、屋上から若草山の山焼きを見ました。1.5Kmほど距離があるのですが遮るものが何もないので、花火から見事に燃え上がっていくまでを久しぶりに堪能できました。写真を撮らなかったのは残念ふらふら
ファルコも一緒でしたが、花火がバンバン上がり始めた時こそ少しそわそわっとしたものの、いつものように平気(我関せず)で、初めて来る場所の探索をしていました。

ファルコは、花火、救急車、雷といった一般的に犬が苦手とされる音や状況にも全く動じません。
一昨年、ファルを迎える直前に(雷を異常に怖がる)"マーリー"を読んで、留守番をさせることが多い私はそれを心配していました。来て数日後の朝に雷がすごかったのですが、"何の音?"って小首を傾げるくらいで平然としているので安心したのを思い出します。
後で聞くと、トシエワールドさんとこの犬はみんなそうらしいですね。リリィも同じく平気だそうなので、ガイド系ラブラドールというのはそういうものなのかな。
posted by Tosh at 23:43| Comment(0) | ワンズ日記

2010年01月24日

お気に入りの散歩道

前回に続いて、今日のファルコを紹介しますね。

100124a.jpg
まずは庭で遊んでいるところから。
ファルはおもちゃを投げてもらうのが大好き。お利口に待ってるように見えますが、実は気もそぞろ。興奮してくると、"スワレ"が中腰(追いかける準備で、きちんと座れない)になっちゃったりします。
100124b.jpg
リトリーバーらしく"獲物"をくわえるとにすぐに持ってくるんですが、最近はきちんと渡してくれないことも多くなって、ダメ犬化しちゃってますふらふら
ガンドッグのトレーニングもしてみたいんだけど、まだ基本のしつけができてませんね。精進しなきゃ。

100124c.jpg
次は散歩に出かけましょう。
徒歩10分くらいのところにあるこの池の周辺を歩くことが多いです。平日は隣の池を舗装路で回ることが多いのですが、休日はできるだけ土の道を歩かせるようにしています。
100124d.jpg
人が居なければ、落ちてる木の枝でリトリーブを楽しんだりしながら、池を回ります。ファルは泳ぐのも好きなんですが、この池は残念ながら遊泳禁止。カモの群れが近くを泳いでいても、思わず飛び込んじゃうようなことがないので助かります。
100124e.jpg
で、めったに人に遭わないハイキングコースのような道に入ります。丸太を越えたり、ちょっとした坂を登ったりと変化があるのでファルも楽しそう。
あちこちにイノシシが餌を探して土を掘った跡があるのですが、日中彼らに会うことはありません。夜の散歩の時は(もちろんこんな山の中には入らないのですが)、住宅のそばでもしょっちゅう出くわしますが。
100124f.jpg
夏は葉が茂っていて見通しが悪いところが多いですが、冬は近くの山を眺めながら歩けるのも魅力。落ち葉の積もる樹のトンネルなんかも趣がありますよ。六甲山系は怖いバベシア症を媒介するマダニが多いそうなので、春から秋にかけては散歩の後で"ダニチェック"が必要なのはちょっと面倒かな。でも、ファルコの毛色は白なので、ダニやノミを調べるのはとても楽なんです。
100124g.jpg

このコースは50分くらいで回れる、お手軽なお気に入りの散歩道。他にも素敵な散歩ルートはたくさんありますので、おいおい紹介したいと思います。
というわけで、休日のファルは自然の中をのんびり散歩して過ごすのです。
恵まれた環境でしょ!わーい(嬉しい顔)
posted by Tosh at 22:33| Comment(0) | ワンズ日記

2010年02月07日

満足な冬の一日

昨日のファルコを写真で紹介します。

100206a.jpg
雪が少しだけ積もったので、さっそく庭へ。

100206b.jpg
一時間もしないうちに雪は解けてしまい、少し暖かくなってきました。

100206c.jpg
カミさんと三人で、景色の良い散歩コースを行くことに。

100206d.jpg
風が強くてメチャメチャ寒かったです!

100206e.jpg
それでもファルは、水遊びを忘れません。

100206f.jpg
庭遊びと二時間ほどのお散歩。満足してお昼寝を決め込むのでした。
posted by Tosh at 14:14| Comment(2) | ワンズ日記

2010年02月11日

雨の休日は退屈

ファルの散歩は基本一日二回。平日の朝はカミさんが、同じく夜は私が担当して 40〜50分くらいずつ出かけています。トイレは室内でできるので、雨の時はお散歩はなし。でも二回続けて抜きになるとストレスが溜まってきて、言うこと聞かない"ワルコ"になってしまうことも...

昨夜は雨だったのでお散歩はお休み。今日も小雨が降っていたのですが、ファルが退屈してるので、三人ででかけることにしました。

100211a.jpg
最近見つけた笹のトンネル。まず人は通らないだろうという細い道で、普段はイノシシの通路になっていると思われます。# マジメに書いてます。
100211b.jpg
そこを抜けると、平日の散歩で歩くことが多い池に出ます。いつもなら一周するのですが、雨が強くなってきたので退散することに。

100211c.jpg
途中で会ったご近所ワンコの"サスケ"。ファルの強引さが苦手でちょっと引いちゃってます。ふらふら
実はこのお宅には、ファルコを迎える少し前まで、"アル"というもう一頭のコーギーが居ました。"ファル"は似た音なので、亡くなったその子に悪いかなと気になっていたのですが... "アル"の正式名は "アルタクス"。ファル同様、The Never Ending Story由来の名前だったそうなんです。奇遇ですね!
100211d.jpg
同じくご近所ワンコの"リキ"と"リュウ"。しつけがきちんと入った穏やかな秋田犬です。ファルは大きいワンコに目がないので、一緒にワッホイしたいんですが... あまり相手にしてもらえません。残念!もうやだ〜(悲しい顔)

100211e.jpg
休日の散歩は、一回に一時間以上かけて三人でのんびり行くことが多いのに、今回は 20分くらい。
ファルは退屈すると(ちょっと不満を持っている時などに)、こんな風に頭を変なところに押し付けて"変顔"でウトウトすることが多いように思います。

100211f.jpg
ところで、寒いのは全然平気なくせして、ストーブ大好きなのはなんなんでしょうね。わーい(嬉しい顔)
posted by Tosh at 15:03| Comment(0) | ワンズ日記

2010年02月17日

一からの出直し

前回(成長記録)の写真が季節外れなものだったので、今らしい画像をば。
100216a.jpg
この冬は、決して暖かいというわけでもないのに、ファルコ地方には雪がほとんど降りません。例年だったら積もっている雪を割って顔を出した時の可憐さ、生命力に春の訪れを喜びたくなるスノードロップも、今年は普通に地面から咲いています。ちょっと残念。

100216b.jpg
昨シーズンも雪は多くなかったので、今年こそ"ラッセル犬遊び"をしたかったのに... 休日の散歩道もこの通り。単に寒いだけ。もうやだ〜(悲しい顔)

つまらないので(雪害に悩む地域の方、ごめんなさい)、2/7にうっすら積もった時の動画を掲載しておきましょう。

※ ↑に空白が表示される場合はAdobe Flash Playerのアドオンが必要。or CLICK !

このとおり、ファルはおもちゃを簡単には渡さなくなっちゃってます。もうやだ〜(悲しい顔)
ウチに来てすぐの頃は、"なんて言うことを良く聞く子だ!"と感動していたのに...
半年程前から、服従トレーニングを最低限にして、(特に悪いことはしないので)ほとんど叱ることもなく甘やかしてきた結果がコレですね。

で、予定どおりファルコが一歳半になったので、今までよりもきっちりコマンドを聞くようにトレーニングを再開し始めました。
ところが... 意味はきちんとわかっているくせに、コマンドを受けてから動作するまで時間をかけてみたり、チラチラとこちらの様子を窺いながら別の動作をして許されるかどうか探ってみたりといったズルい行動が目立ちます。
この半年くらいは、やる気のなさそうな時にはあまりコマンドを出さないようにし、従わなかった場合には、ちょっと時間を置いてから確実にできる"スワレ"などを命じて褒めるということで誤摩化してきてしまったのですが、やっぱり不服従に対してはもう少し毅然とした態度をとるべきだったのかと反省しているところです。

一度出した(もちろん理解できていることが明確な)コマンドは必ず実行させるというスタンスに変えたところ、今度はアイコンタクトを避けるような行動までし始めてしまいました。順位付けを探る反抗期的行動というよりも、私の接し方が変わったことに戸惑っての一時的なダメ犬化だと思いたいのですが...

というわけで、アイコンタクトのトレーニングからやり直すことにしたところなんです。

100216c.jpg
この顔は、残念ながらトレーニングとは関係ありません。
カミさんがキッチンに立って包丁でも使っていようものなら、何分でもアテンションを維持する "いじきたない犬の図" でございます。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by Tosh at 23:56| Comment(0) | ワンズ日記

2010年02月21日

お客さん大好き犬

土曜日から、とてもかっこいいホワイトシェパード"武蔵"くんのおとうさんと、関東の知人が遊びにきてくれていました。ファルコはと言うと、とんでもないはっちゃけぶりでお客様に遊んでくれとせがんで制御不能。ふらふら
年が明けてから2組の方に遊びにきていただいた際には、最初こそハジケルものの割とお利口にしていたのに、今回は"ハウス"さえ効かないこともありマイリました。

100221a.jpg
お客様もお帰りになり、先週届いた↑のステッカーを車に貼ろうと思ったのですが、カミさんに却下されて断念。もうやだ〜(悲しい顔)
100221b.jpg
しかたがないので、一緒に買ったバンダナを着けて(始めての経験)記念撮影。
・・・なんか変な感じですね。着け方間違ってるかなぁ? ちなみに、購入させていただいたのはこちらのお店

100221c.jpg
で、いつもの(休日の)ようにカミさんと三人でお散歩に出かけます。
100221d.jpg
こんな風に深くえぐれた坂もあるハイキング道を登って目指したのは、近所のお山。
100221e.jpg
今日もあまり空気が澄んでなかったのは残念。でも、寒過ぎず、暖か過ぎず、本当に気持が良かったです。

100221f.jpg
今日は結構暖かくなるとの天気予報だったからか、親子連れなど沢山のハイカーが訪れていました。子供達のグループにはファル、人気者。わーい(嬉しい顔)
家に来てくださるお客様には甘えて(遊んで欲しくて)しょうがないファルコなんですが、散歩の途中では今日もお利口にしていました。すれ違う人達に少し愛想をふりまくこともありますが、基本的にじっと座って"マテ"を続けています。

100221g.jpg
軽登山の疲れもあるのでしょうが、彼なりの"接待"に疲れて爆睡するファルコ。友人が泊まってくれた後はいつもグッスリなんですよ。
どんだけ、お客さんのこと好きやねん!わーい(嬉しい顔)
posted by Tosh at 23:51| Comment(0) | ワンズ日記

2010年02月23日

迷子になったなら

「ファルは迷子になったらちゃんとウチに帰ってくるかなぁ?」昨日の散歩の途中、カミさんが切り出しました。意図を汲んだ私はこう答えます。「たぶん途中で誰かに愛想を振りまいて、連れて行ってもらいそう。無理かも。」
こんな会話が出てきた背景はこれ↓。
100222a.jpg
金曜の深夜に観たディズニーの"ボルト"。あえて端折って言ってしまえば、飼い主の元へ帰ろうとする"普通の犬"BOLTを主人公にしたロードムービーです。いかにも John Lasseter - PIXARな作品なんですが、今回もとても素敵な、そして完成度の高い映画に仕上がっていました。
私的には、この一年に(DVDで)観た"犬映画"の中ではイチオシです!
(マーリー、フルーク、HACHIもそれぞれ良かったですけどね。)

HACHIといい、BOLTといい、飼い主を思う犬の一途な気持ちがテーマあるいはモチーフになっているわけですが、この手の作品を鑑賞した後に、ふと一抹の心の乱れを感じるのは、ファルコの "誰にでも甘えられる素質" のせいなんですよね。

100222b.jpg
<庭に出たカミさんのことをずっと目で追っているファルコです>

この週末は、お客さんにやんちゃな甘え方をして困ったわけですが、その前に迎えた二回の友人達に対しては、呆れるほど上手に甘えていました。
うちの一人などは、(夏に)ファルに会うまでは犬が恐くて、とても一緒の部屋に居るなんて想像もできなかったという女性なんですが、その人の膝に頭をあずけて寄り添ってみたり、ずっと付いて回ったあげくゲストルームの前でずっと待ってたりするもので、すっかりファルコ好きになってしまったようです。
この 人たらし犬!わーい(嬉しい顔)

過去に実家で飼っていた犬達は、特定の人間を"主人"として特別扱いし、家族以外に対しては一定の距離を置いていたものですが、ファルコにはそういう部分が希薄(というかほとんど無いんじゃないかと疑いたくなるくらい)なのです。
飼い主としては、そのフレンドリーさを誇らしく思う一方、恋人が他の男に親しく接するのを見て嫉妬しているような、ちょっとみっともない複雑な気持ちにさせられてしまいます。ふらふら
単にリーダーシップが不足しているのかもしれませんが...

100222c.jpg
たとえ他の人にも同じ表情を見せたとしても、私はこの笑顔が見れたらそれで幸せなんですけどね。(ちょっと やせ我慢モードふらふら)
posted by Tosh at 01:36| Comment(0) | ワンズ日記

2010年02月27日

初めての海

100227a.jpg
Wan stop cafeさんでランチ。いい感じのお店でした。ドッグカフェへ行ったのは2回目だったのですが、今回は結構おとなしくしていました。だいぶ成長したかな?

100227b.jpg
その後、南芦屋浜へ。
昨年の夏は川ばっかり行ってたので、海へ来るのは初めて。砂浜も初体験なので、最初はロングリード一杯に走り回ってました。
100227c.jpg
で、いよいよ波打ち際へ。波に驚くかな?しょっぱい水にびっくりするかな?と思っていたのに、どちらも平気な顔をしてバチャバチャと普通に遊んでました。ちょっと期待はずれ。ふらふら
100227d.jpg
そのうち、胸まで浸かって"何か投げてくれぇ"といった顔をするので...
結局泳ぎまくっておりました。わーい(嬉しい顔)
100227e.jpg
帰ったらシャワーだからね!
100227f.jpg
砂浜にペタペタと足跡が付くのが、妙に楽しかったりして...
100227g.jpg
また来ようね、海。

100227h.jpg
夕方の散歩はいつものご近所コース。よくお会いするジンジャー君。いまいちファルのことは苦手みたい。
100227i.jpg
今日も楽しかったねぇ!!わーい(嬉しい顔)
posted by Tosh at 20:45| Comment(2) | ワンズ日記