2012年06月11日

梅雨入り直後の庭

今朝(6/11)はからっと乾いて気温も低め、気持ちの良い五月晴れでした。
なんですが、今回は梅雨に入ったばかりの土曜日の写真を中心に、庭の様子を記録しておきます。

120603a.jpg
この写真は一週間前に撮ったもの。今年は つるアイスバーグが咲き始めてから満開になるのに結構時間がかかりました。ほぼ咲き揃ったのは、ちょうど入梅した金曜日くらいです。
引いた写真だと従来どおりのようにも見えますが、今年の花は少し黄ばんでいたり、蕾の段階でも瑞々しさがなかったり... 綺麗じゃありません。
例年ならご近所さんに花束のお裾分けをするのですが、今年はみすぼらしくって、とてもそんなことはできない代物です。
剪定どころか肥料もやってないと、こんなに正直にダメになるんですねふらふら

120609a.jpg
今年は本当に何一つ手をかけてないので、アイスバーグの後から咲き始めたピンク色のバラ(アンジェラ、マジカル・ミラクル、バレリーナ)はどれも同じように元気がありません。
去年までと変わらないように見えるのは、咲き始めたばかりのこのアルバ・メイディランドだけです。

120609b.jpg
まとまった雨で、庭の多くの木々が"お辞儀"をしています。
玄関側のヤマボウシ。上向きの花は普段は眼につかないのですが、土曜日は枝が傾いたおかげで清楚な花を楽しませてくれました。

120609c.jpg
他の発見もあります。斑入りケヤキの葉の上の"むかご"のようなこぶ。
ネットで調べてみると、ケヤキヒトスジワタムシの虫こぶだそうですねがく〜(落胆した顔)
無知な私は、最初 ハナイカダのような花か実なのかと思っちゃいました。

120609d.jpg
本当の実はこちら。ジューンベリーの実が熟し始めています。
小鳥達に食べ尽される前にと、少し摘んでみました。

120609e.jpg
ジャムを作るほどには収穫できなかった(まだ固い実が多かった)ので、朝食のヨーグルトに入れて毎朝いただいているんですよ。

120603b.jpg
この時期、ウチの庭の広い範囲で、地面を飾っているのは野イチゴの実。
メインガーデンの側は、ワイルドストロベリーを2株買って植えたものが、すごい勢いでランナーを延ばしているのですが、玄関側のこれは野生のものだと思います。あまり美味しくはないし、ワンズのオシッコがかかっているものも多いので、これは食べません。

120609f.jpg
庭の一角でベリー状の実ができていました。この辺りでは野バラの一種みたいな"雑草"が繁茂して、白い花を楽しんだら一所懸命抜き取る毎年だったのですが、今年は放置したままになっていたものです。
食べてみると甘くてとってもおいしい! もしかして...と調べてみたら、なんとラズベリーだったようですね。

移り住んですぐに苗を植えたことがあるのですが、うまく根付かずに枯れてしまったと思っていたのですが、少し離れたところでグングン育っていたことに気付くのに何年もかかってしまいました。
トゲが痛いので、例年"性悪の雑草"として扱ってきたのを大後悔...もうやだ〜(悲しい顔)

120609g.jpg
枯れたと思っていたのに実はちゃんと育ってたというのは、このスイカズラも同じです。いろんな植物があり過ぎて、何を植えたか、何が本当にダメになったのか掌握しきれてないんですよね... お恥ずかしいふらふら

120610a.jpg
ワンズの写真も載せとかなきゃね!
私に似たのか朝が弱い(以前から散歩の直前まで動き出さない)ナットです。

120610b.jpg
久しぶりにファルコのテラスでの1ショット。

120609h.jpg
オマケ-1: ホシミスジは羽を広げたままでじっと動かないチョウなので、写真に撮るのは簡単です。

120610c.jpg
オマケ-2: ピロティー(半地下の物置空間)にツバメが巣を作り始めています。
一昨年は巣が半ば完成した頃に長雨があり、じっとり湿ったコンクリートとの間が緩くなってゴソッと落ちてしまいました。表面のツルツルした層をデッキブラシで擦って待っていたものの、去年は巣作りに来てくれませんでした。
うまく完成して子育てしてくれると良いんですけどね。
posted by Tosh at 23:59| Comment(2) | 庭の様子

2012年06月24日

ディエラマ、咲いた

夏至を迎えた荒れ庭の花を、写真中心で(手抜きとも言うたらーっ(汗))紹介しますね。

120622f.jpg
ファルナツ地方では、あちこちでいろんなアジサイが咲き乱れています、
ウチの玄関側の一角でも、二種類が咲き始めました。

120622g.jpg
鉢で楽しんだ後で地植えしたものですが、品種名は... わかりませんふらふら

120622h.jpg
このガクアジサイは、いつの間にか生えてきたお客さんです。
元気が良過ぎるので、他の植物がちょっとかわいそうな状況に。

120623h.jpg
今、庭で目立つのはヒペリカムの黄色。これはヒドコートという種類かな。

120623i.jpg
こちらは、たぶん ヒペリカム・カリシナムってやつですね。

120623j.jpg
カンゾウも元気な黄色を見せてくれています。

120623k.jpg
油紙のように微妙に透けた花びらがおもしろいこの花。
どこかから種が飛んできたお客さんのような気もするのですが、名前がわかりません。ご存知の方がおられましたら、ぜひ教えてくださいな。

120623l.jpg
去年も紹介したはずですが、大好きな花なので今年も。トリテレイアです。
この花を好きになったのは、イギリス旅行で立ち寄った Kiftsgate Court Gardensで見かけた時。その後、日本でも普通に球根が売られているのを知って、あちこちに植えたものです。

キフツゲートでお気に入りになった草花というと、なによりもゲラニウムとディエラマです。

ゲラニウムはそこそこ育ってくれるのですが、ディエラマの方は失敗の連続でした。苗を買ってすぐに地植えしたものは、雑草に埋もれたり、イノシシに掘り返されたりで、残っているものも全く元気がありません。
で、しばらくは鉢で育てる方に切り替えたのですが...

120622i.jpg
一昨日、見慣れない小さな蕾が! 我が家で初めてのディエラマの花です。
細いステムの先に複数の花を付けるのがディエラマの特徴ですが、普通は垂れ下がるようにもっとたくさんの花になるはずなのですが...
# ちなみに、バックは日本の野生ゲラニウムの一種、ヒメフウロです。

120623m.jpg
昨日、ついに咲いてくれました!わーい(嬉しい顔)
いろんな品種を買ったので、この状態ではどれなのかわからないのですが、とても小さな(2cm位)花びらです。もう少し株が育てば違った表情を見せてくれるのかなぁ?

実はもう一株、花茎を延ばしているのがあるので、ちゃんと花を付けてくれるのを楽しみにしているところなんですよ。

KiftsgateCG-a.jpg
キフツゲートで一目惚れした(マトモな)ディエラマの株ってのは、こんな状態でした。草丈は 1mをゆうに越えて、素晴らしい存在感があったのです。

KiftsgateCG-b.jpg
上の写真とは別の株(種類)の花。花びらの長さは 5cm以上あるんですよ。
こんな可憐な花が細い茎に垂れ下がっている姿から、"Angel's Fishing Rod"(天使の釣り竿)とも呼ばれるそうです。

ウチのディエラマ達も、なんとか大株に育てたいものです。

120618a.jpg
ワンズの写真も少しだけ。
一週間ほど前に撮ったものですが、武蔵兄ちゃんに甘えるファルコです。

120618b.jpg
同じ日のナットも、バストアップで一枚。
posted by Tosh at 23:56| Comment(0) | 庭の様子

2013年06月04日

荒れ庭にもバラが

この週末は曇りがちでした(雨も少し降りました)が、その分暑くならずに過ごしやすかったので良しとしましょうか。

年々、加速度的にジャングル化しているウチの荒れ庭ですが、それでもこの季節にはいろんな花が咲いてくれます。今年はあまり植物を記事にしてないことに気付いたので、久しぶりに庭の花を少しだけ記録しておきましょう。

130602a.jpg
3mの高さを這い上がって、毎年テラスを白く飾ってくれる"つるアイスバーグ"。今年もほとんど手をかけずじまいだった(弱い枝ばかり目立つ)もので、葉っぱが非常に少ない状態です。それでも健気に咲いてくれているのを見ると... 来年こそはなんとかしてやらなきゃ!

130602b.jpg
玄関脇の"バレリーナ"も咲き始めました。こちらも手入れをサボっているのですが、結構元気が良い状態です。気候が良かったのかな?

130602c.jpg
5月以降、ウチの庭木では、白い小さな花(が集まっているもの)が目立っていました。コデマリ、ガマズミ、ウツギ、ヒトツバタゴ、ピラカンサ...
白い花の季節の最後には、大好きな素朴な山の木が花を付けています。
まずは、玄関側と擁壁側に植えてあるヤマボウシ。

130602d.jpg
こちらも二本あるエゴノキです。
ヤマボウシは上向き、エゴノキは下向きの花ですが、どちらも自己主張が強過ぎないさりげない咲き方に惹かれるんですよね。

130602e.jpg
庭で遊ぶワンズの写真も一枚だけ載せておきますね。
このところ、どうしてもペニー中心の記事が多くなっちゃってるので、今回は敢えてペニーの写真はコレだけにしてみました。

130602f.jpg
オマケ: その代わり、名前をもらったペニー(とボルト)のフィギュアをば。
# ずいぶん前に手に入れたマグネットで、冷蔵庫に貼ってあるものです。
posted by Tosh at 22:58| Comment(2) | 庭の様子

2014年02月01日

引き算の庭で

更新が1ヶ月近くも途絶えてしまいました。
いろんな方にご心配をおかけしたようで恐縮しています。
ファルとペニーは至って元気です!
この一ヶ月以上、二頭とも病院のお世話になったこともないですし。

新しい記事を書きそびれていた原因の一つは、職場の引っ越しが2週間ほど前にあったからなんです。その準備と後片付けで気疲れしてしまって、帰宅してもPCに向かう気になれない日が続いていました。

それともう一つは、私の右手の病気(CRPS)に関するもの。
12月に入ってから順調に改善して、年末年始には(知覚異常は残っているものの)疼痛や痺れはほとんど感じなくなっていました。服用薬の副作用の方がずっと悪影響がある状態。
オフィス移転の直前に受診した際にまた薬の量を減らすことにしてくださり、一種類だけ残った薬の量も一時の半分以下、許容量の三分の一程度までになったのです。
これで眠気や倦怠感(や浮動性めまい)が軽減されるかと思っていたのですが、オフィス移転が落ち着いた先週末になっても、夜に薬を飲んだ後のダルさは以前とあまり変化なし... おまけに、(引っ越しで指を使い過ぎたのかもしれませんが)痺れが戻ってきてしまいました。もしかしたら、今必要とされる薬量にほんの少し足りないのかもしれません。

先週末からは、ブログを更新しなきゃと思いながらもなかなかその気になれず、この数日は"ちょっと横になってから今夜こそ"と心に誓いながらソファーやストーブの前で朝まで眠ってしまう日が続いてしまいました。
まぁ2ヶ月前に戻ったくらいの感じでたいしたことではないので、ボチボチ本来の生活(&ブログ更新)ペースに戻したいと考えているところです。


さて、今回は半月以上も前の1/13に撮った写真を中心に。

世界的に寒いと言われているこの冬ですが、ファルペン地方の1月はむしろ暖かい方だったと思います。雪はまともに積もりませんし、池の氷も例年よりも少なそうです(伝聞)。
毎年何日かは、冷え込んだ朝にダイヤモンドダスト(様の空中の水蒸気が凍ってゆっくり落ちてくるの)がキラキラと朝陽に輝いて綺麗なのですが、今年はまだ1回しか見ていません。

140113a.jpg
成人の日の13日も、朝一番は雪が舞ってうっすらと庭が白くなったのですが、お昼前にはほとんど融けてしまいました。

140113b.jpg
年末年始に(主にカミさんがですが)庭仕事をしたので、だいぶスッキリして夏の何倍もの広さになった上段の庭です。

いろいろ剪定しただけじゃなく、不本意になくなってしまった樹もあります。二本を列植してあったバレリーナツリー。イノシシに傾けられて元気をなくしていたポルカは夏に枯れてしまい、初めて実を付けたボレロの方も台風で根元から倒れてしまいました。
玄関側の庭では、シャクナゲと(昨春は少しだけしか花を付けなかった)ミツマタがダメになってしまったようです。とても残念です。

140113c.jpg

この(家と)庭を手に入れてから2-3年の間は、植物を増やすことばかり考えていました。自分で植えた何十本もの樹の中にはちゃんと育たなかったものもありますが、根付いたものは既に大きくなり、混み合ってゴチャゴチャした庭になってしまっています。
欲張って増やす(あるいは、枯れたものの代わりに別の樹を植える)ことを止め、自分たちの手に余らない気持ちよく過ごせる庭に切り替えなきゃいけない時期が来ているようです。

この写真を撮った頃はまだ運動制限中のペニー。ハーネスとリード装着で全力で走り回らないように注意しながら庭に出しています。

140113d.jpg
引き算したと言えば、ようやくペニー返しも撤去しました。
# 枯れた雑草がはびこっている、まだ情けない状態の中段の庭です。

140113e.jpg
と言うわけで、ペニーも下段の庭(擁壁の上)に降りることを解禁しました。

140113f.jpg
慎重に歩いているなと思っていたら、突然ダッシュするお転婆娘。今しばらくの間は、監視付きでなければ擁壁の上には行かせない方が良さそうです。

140113g.jpg
一年で一番彩りの少ない今の時期。例年なら年内から咲き始めるクリスマスローズが今年はまだ全くなもので、花と呼べるのはあちこちに植えてあるサザンカ?くらいしかありません。

140113h.jpg
もうすぐ咲きそうに準備をしている樹は何種類かあります。
大きく育ったロウバイは、今年もたくさんの蕾を付けました。

140113i.jpg
ギンヨウアカシアは、花開く数ヶ月前から蕾を準備しているようです。
# この樹も植えた時は数十センチの苗だったんですよね。

久しぶりの犬ブログ更新なのに、植物の話ばかりじゃマズいですね。

140113j.jpg
ウィンターノーズでピンクの鼻になっているファル。

140113k.jpg
室内でも庭でも"暴れたガール"のペニーです。

140201i.jpg
オマケ?: 今日撮った写真を一枚だけ。
暖かかった今週、雨の木曜日にロウバイが咲き始めました。
posted by Tosh at 23:59| Comment(2) | 庭の様子

2014年03月06日

春はすぐそこまで?

昨夜、出張から帰ってくると、玄関脇の(屋根から落ちた)雪の山脈がほとんどなくなっていることに気付きました。暖かい日が続いていたところに、ファルペン地方も一昨日から雨だったそうですからねぇ。そりゃ融けるわけだ。

140304a.jpg
一昨日の朝、出張に出る前に撮った写真が今回のメイン。
カミさんはファルと散歩に出かけてたのですが、私は時間に余裕もなかったので、ペニーと庭で少し遊ぶことにしました。

140304b.jpg
ふと地面に黄色いものがあるのが目に止まりました。クロッカス!
春を告げる花がまさに咲こうとしているのが嬉しくて、急いで家からカメラを持ち出してきたというわけです。いつものコンデジ(RX10)じゃなく、久々に一眼とボケ味の良いレンズの組み合わせです。

140304c.jpg
黄色い花というと、1月末に咲き始めたロウバイもまだ花が残っています。

140304d.jpg
例年だとロウバイが終わってから咲き始めるように思うマンサクも花が開き始めていました。まだほんの少しだけですけどね。

140304e.jpg
たぶん(どこかから種が飛んできた)お客さんだと思われる灌木。
これってシキミかなと思っていたのですが、花がちょっと違うような...?

140304f.jpg
先月中旬からきれいな色合いを見せてくれているピンクのネコヤナギ。

久しぶりにデジイチを手にしたので、花だけのアップじゃ淋しいですね。

140304g.jpg
チビの頃のファル同様、木の枝を齧るのが大好きなペニーです。

140304h.jpg
散歩から帰ってきたファルの写真もテラスで一枚。

まもなく春がやってきそうだと実感した一昨日の朝でした。

で、昨夜の続きです。
21時頃から雪が降り始めました。気温は氷点下にはなっていなかったのですが、しばらくすると屋根やテラスは真っ白に。
地温は高いし、どうせすぐに融けちゃってるんじゃないかと思っていたのですが、今朝は-3℃まで下がって、庭もしっかり雪化粧していました。

140306a.jpg
今朝は家族全員で短い散歩に。# カメラはコンデジです。
舗装路には雪じゃなく薄い氷の膜が張っているような箇所が多くて、ペニーが引っ張るとコケそうになることも何度か。
実は土曜日に2年ぶりのギックリ腰になってしまったのですが、ようやく気にならないくらいに改善したと思っていた矢先に、またビリッと...もうやだ〜(悲しい顔)

140306b.jpg
ペニーは穴を掘るのも大好きです。
無心に掘っているのに気付いて咎める声をかけたら、ビクッと反応して面白い顔が撮れましたわーい(嬉しい顔)

140306c.jpg
消化不良の短い散歩から帰ってきて、庭でもひと遊び。
もう一回くらい寒の戻りはあると思うけど、今度はちゃんと雪が積もってくれるかなぁ...?

140306d.jpg
今週末はファルと二人だけで遠出するので、今回はペニーの写真をちょっと多めにしてみました。
posted by Tosh at 23:59| Comment(0) | 庭の様子

2014年04月03日

すっかり春の装い

明日からはまた気温が下がるそうですが、ここしばらくは本当に暖かい日が続きました。夜もストーブを焚かない日が続いています。
今日、麓の街では既にサクラが満開になっていました。ウチから山をくだっていく途中でも、ヤマザクラのピンクや新緑も目立ち始めています。

140402a.jpg
ウチの荒れ庭も、急にいろんな樹に生命感がみなぎってきました。
芽吹き始めて風に揺れるようになったヤナギ。もっとも、今は新葉よりも花の方が目立っているようですね。

140402b.jpg
私達が家を建てるまでは鬱蒼とした林だったので、ウチにあるアセビは(光を求めて)樹高が5mくらいもあります。急に拓けて光が当たり過ぎるようになったためか、6年経ってもあまり元気が良くないのですが、今年はけっこう花を付けてくれました。

140402c.jpg
この一年でヒュウガミズキが大きく枝を伸ばすようになりました。鈴なりの花がきれいなんですが、少し剪定をしてやらなきゃいけませんね。

140402d.jpg
いつも以上に今年は黄色い花が目立ちます。写真の上はヒイラギナンテン。
その下は、先月から急に咲き始めたクリスマスローズです。

140402e.jpg
ソメイヨシノは固い緑の蕾からピンク色がこぼれ始めています。
今週末か週明けには咲き始めて、来週末が見頃でしょうか。

140402f.jpg
一番乗りのピンクの花はアーモンド。今年はたくさん収穫できるかなぁ?
# ちっちゃな実だし、食べるまでに手間がかかるんですけどね。

ポカポカとした日が続き、(私も)毎日散歩に出るようになったので、ファルペンにも暖かい季節用のハーネスをお揃いで新調することにしました。

140403a.jpg
Tre Pontiの Primoというハーネスです。
この記事で触れた ERGOCOMFORT Harnessの Ferplast社と同様にイタリアのメーカですが、デザインセンスや変わった素材を使うというところは共通していますね。予想以上にしっかりしているし、水にも強そうなので、夏の間は BJORKIS Harnessとツートップ体制になりそうです。
この記事以降、一番カッコいいとお気に入りになっている Niggelohの Follow Harnessの色違いをペニーに買ってやろうかとも思ったのですが、個人輸入で送料もそれなりにするので、身体ができあがってからでも良いかなと延期しました。

140403b.jpg
上の写真で二人ともお利口そうにしていたのは、かーちゃんからパンを貰えそうだったからでした。

140315c.jpg
オマケ: 暖かくなってくるとちょっと淋しいのは、小鳥があまり餌を食べに来なくなること。# 写真は少し前のもので、室内から撮ってます。

140315d.jpg
posted by Tosh at 22:53| Comment(0) | 庭の様子

2014年04月11日

春らんまん

今日はまた寒くなりましたが、今週はとても暖かい日が多かったですね。
火曜日の朝にはまだ一部咲きだったウチのソメイヨシノが二日間で一気に花開きました。

140410a.jpg
ほぼ満開になった昨日(10日)の朝の花達を記録しておきますね。

140410b.jpg
右下のオレンジ色は日に日に大きくなるカツラの新葉です。

140410c.jpg
麓の街に比べてちょうど一週間遅れで満開になりました。平均すると10日ほどずれることが多いので、今年は花が勢いよく上がってきた感じがします。

140410d.jpg
広角レンズで撮ったのも一枚。去年はほとんど花を付けなかったサクラですが、今年はまた朝陽を浴びて淡く輝いてくれました。

140410e.jpg
ファルペンは花を愛でる気はなさそうですたらーっ(汗)
ペニーのお気に入りの棒を銜えて、追いかけっこに誘うファル。

140410f.jpg
もっとも、すぐに強引な妹に奪還されてしまうんですけどねふらふら

140410g.jpg
アーモンドも(葉は出てきましたが)まだ満開のままです。

140410h.jpg
ヤマブキも次々と咲き始めました。

140410i.jpg
ムシカリの花もアップで。# 赤いのはモミジの新葉です。

140410j.jpg
花じゃありませんが、食べ頃?のタラノキの芽。庭に勝手に生えてます。

140410k.jpg
採り頃と言えば、今年はツクシもたくさん出ています。
# ...タラの芽、ツクシ(やゼンマイなど)が採れる庭ってのは考えものかももうやだ〜(悲しい顔)

140410l.jpg
そこら中でいわゆる雑草が元気よく育っているのが、カミさんには苦痛だそうです。# もっとも、このヒメオドリコソウやホトケノザなんかは充分グラウンドカバーとして通用しますよね?

初めてペニーと一緒に迎えた春です。
posted by Tosh at 23:59| Comment(2) | 庭の様子

2014年05月07日

モミジの花咲く頃

GW後半も良いお天気で始まりました。
遠出のネタもあるのですが、今回は生命力に溢れて毎日変化に気付くウチの荒れ庭の様子をホントに写真だけで。5/3(土)に撮ったものです。

140503a.jpg
モミジ(サンゴカク)の後ろはスモークツリー。ともに瑞々しい新葉です。

140503b.jpg
一枚目にも(花が)写ってますが、これはヤマモミジの花。

140503c.jpg
こちらはイロハモミジです。

140503d.jpg
(たしか)デショウジョウも陽を受けると眩しいくらいに艶やかな赤さ!

以前にも書いたかもしれませんが、私は秋の紅葉も好きですが、生命を溢れさせんばかりの春のモミジに惹かれています。

モミジ以外では白系の樹木の花を少し。

140503h.jpg
咲き始めのオオデマリは少し緑色。今朝はもうすっかり真っ白でした。

140503g.jpg
白花のトキワマンサク。
# 紅花の方は枯れちゃったのを植え直そうと思いながら何年も...たらーっ(汗)

140503f.jpg
ドウダンツツジも鈴なりになっています。

140503e.jpg
見上げないと気付かないのですが、新緑が美しいアオダモの花です。

140503i.jpg
ファルとペニーもテラスで撮ったのを一枚ずつ。

140503j.jpg
ウチの子達は、どうもヘラヘラ笑ってる表情が多くて、特にペニーは、"口を閉じないと足りない子みたいだよ!"とカミさんに言われてたりします...ふらふら
posted by Tosh at 21:09| Comment(2) | 庭の様子